HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ニューツーリズム論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(やすだ のぶひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
安田 亘宏
授業の目標 - 到達目標-
 ニューツーリズムとは、従来の物見遊山的な観光旅行に対して、テーマ性が強く、人や自然とのふれあいなど体験的要素を取り入れた新しいタイプの旅行、観光の考え方のことです。また、地域固有の観光資源を活用した、着地型旅行でもあります。新しい旅行者ニーズと地域ニーズを学び、「持続可能なツーリズム」「持続可能な観光まちづくり」を理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 ニューツーリズムは、今日の日本の観光現象を理解するために欠かすことのできない、新しいツーリズムの潮流です。今日、旅行者の成熟に伴い、旅にそれぞれの目的を明確に持つようになり、その目的が個性化、多様化する中で、旅行者の求める観光資源は大きく変化しています。また、衰退傾向の続く多くの地域においては、地域らしい観光資源をカタチにし、交流人口の増加を目標とし観光まちづくりに取り組んでいます。そして、地域サイドからの仕掛けで、ニューツーリズムの受け入れを始めています。エコツーリズム、グリーンツーリズム、産業ツーリズム、ヘルスツーリズム、フラワーツーリズム、フードツーリズム、コンテンツツーリズムなどです。
授業の内容・講義手法の概要
 日本のニューツーリズムを類型化し、その形成過程や特徴、役割、意味を、フードツーリズム、エコツーリズム、コンテンツツーリズムの具体的な事例を通して解説していきます。そして、その背景にある社会環境、地域環境、旅行者意識などの変化を探っていきます。おもに、テキストとパワーポイントにより解説し、画像や映像を通して理解を深めていきます。また、エコツーリズムを実践している専門家による特別講義も予定しています。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義全般説明、ニューツーリズム序論
2.
ニューツーリズム概論
3.
フードツーリズム①
4.
フードツーリズム②
5.
フードツーリズム③
6.
フードツーリズム④
7.
フードツーリズム⑤
8.
フードツーリズム⑥
9.
フードツーリズム⑦
10.
エコツーリズム①
11.
エコツーリズム②
12.
エコツーリズム③
13.
コンテンツツーリズム①
14.
コンテンツツーリズム②
15.
講義まとめ
成績評価の方法・基準
・学期末試験の成績(60%)、平常点(授業参加度・小テスト・コメント票等)(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
・安田亘宏著『フードツーリズム論』古今書院(2013)
・講義内容によりプリントを配付します。
履修上の留意点
・テキストとパワーポイントで講義を進めます。講義内容をテキスト、ノートに書き留めることが必須です。
事前準備学習・その他
・事前学習については、講義予定のテキストの章を読んでおいてください。
・事後学習については、重要事項の整理をしてください。
・「地理学」「観光サービス論」を履修しておくと理解が進みます。