HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
観光実務論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(やすだ のぶひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
安田 亘宏
授業の目標 - 到達目標-
 本講義は「観光プランナー」(日本観光士会認定資格)の資格認定試験の合格レベルの実務知識習得を目指す講義です。「観光プランナー」とは、地域資源を活用した新しいツーリズムや観光まちづくり、地域活性化等の分野において観光諸事業をプランニングする役割を担う人材です。本講義を受講し、学内で実施される資格認定試験に合格すると、「観光プランナー」の資格を取得し、履歴書等に記載することができます。観光業界・旅行業界・地域ビジネスへの就職に必要となる幅広い観光実務を習得します。3年生にもお勧めします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本講義は、幅広い観光実務を学習し、資格認定の合格を目指す講座です。観光プランナーは、地域資源を活用した新しいツーリズムや観光まちづくり、地域活性化等の分野において、今、最も期待が寄せられている資格のひとつです。観光を通じた地域活性化は、地域の多くの企業が財・サービスを市場に提供し、顧客満足度を向上させ、これまで気がつかなかった観光素材や、新たな創造的な「コトづくり、モノづくり、場おこし」により、市場に対して積極的・戦略的にマーケティング活動を行っていくことで実現します。これらの活動を取りまとめ、推進し、地域を牽引する役割を担う観光プランナーとしての知識、ノウハウ、スキルを体系的に学び、資格取得を目指します。
授業の内容・講義手法の概要
 公式テキスト『基礎から学ぶ観光プランニング』に沿い、観光マーケティング、観光まちづくり、観光コミュニケーション、観光プレゼンテーション、観光マネージメントの基礎を学習し、その後、本番を想定した試験対策演習を実施します。
授業の方法
 講義・演習
授業計画
1.
講義全般説明、観光プランナーの役割
2.
観光マーケティングの基礎①
3.
観光マーケティングの基礎②
4.
観光マーケティングの基礎③
5.
観光マーケティングの基礎④
6.
観光まちづくりの基礎①
7.
観光まちづくりの基礎②
8.
観光まちづくりの基礎③
9.
観光地域ブランドの基礎
10.
観光コミュニケーション・観光プレゼンテーションの基礎
11.
観光マネージメントの基礎①
12.
観光マネージメントの基礎②
13.
資格認定試験対策①
14.
資格認定試験対策②
15.
期末試験
成績評価の方法・基準
・学期末試験の成績(60%)、平常点(授業参加度・小テスト・コメント票等)(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
・小塩稲之・安田亘宏編著『基礎から学ぶ観光プランニング』JMC出版(2015)
履修上の留意点
・テキストとパワーポイントで講義を進めます。
・講義内容をテキスト、ノートに書き留めることが必須です。
・「資格認定試験」の受験は任意ですが、本来「日本観光士会」が6月・11月の年2回、全国主要都市会場で実施されるものを、認定校として本学では講義終了後に別途設定される受験日に学内において受験することができます。
・「資格認定試験」の日程・受験料等については講義内で説明します。
事前準備学習・その他
・事前学習については、講義予定のテキストの章を読んでおいてください。
・事後学習については、重要事項の整理をしてください。
・「地理学」「観光サービス論」を履修しておくと理解が進みます。