HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
観光まちづくり論 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(やすだ のぶひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
安田 亘宏
授業の目標 - 到達目標-
 地域が主体となって、ツーリズムを通して地域振興、まちづくりに取り組む背景、意味、役割、手法など事例研究を通して学び、「持続可能な観光まちづくり」を理解します。これらの学習は旅行業界、地域の観光行政、観光業界における観光地開発、地域振興、旅行商品企画等の基礎知識とするとともに、「地域の時代」における社会人・企業人の一般教養とすることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 観光まちづくりとは、地域が主体となって、自然、歴史、産業、文化等、地域の特徴ある観光資源を活かすことによって、交流を振興し地域を活性化させサスティナブルな魅力ある観光のまちを実現させるための活動のことです。今、衰退傾向にある地域を再生・創生する手法としてもっとも注目されています。「観光はまちづくりの総仕上げ」といわれるように、交流人口を増加させる観光はまちづくりに欠かせない要素となっていまいす。今日、観光まちづくりはツーリズムを学ぶ上で欠かすことのできない学問領域に位置付けられています。本講義は日本各地で実践されている観光まちづくりの事例研究を通して、その実態や役割、意義、可能性を検証し、地域発のツーリズムを体系的に学んでいきます。
授業の内容・講義手法の概要
 観光まちづくりの意味や意義、役割、可能性を地域の視点で学び、全国各地で実践されている具体的な事例を解説していきます。地域が一体となり様々な観光資源を発掘、磨き、商品化していくまちづくりの形成過程や実態、それに対する旅行者の動向、意識を探ります。おもに、パワーポイントにより観光まちづくりの画像、映像を通して理解を深めていきます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義全般説明
2.
観光まちづくり概論
3.
観光地域ブランド
4.
訪日外国人の訪れるまち
5.
観光まちづくり事例研究―温泉
6.
観光まちづくり事例研究―街並み①
7.
観光まちづくり事例研究―街並み②
8.
観光まちづくり事例研究―農村
9.
観光まちづくり事例研究―食
10.
観光まちづくり事例研究―祭・イベント
11.
観光まちづくり事例研究―映画
12.
観光まちづくり事例研究―テレビドラマ
13.
観光まちづくり事例研究―マンガ・アニメ
14.
観光まちづくり事例研究―アート
15.
講義まとめ
成績評価の方法・基準
・学期末試験の成績(60%)、平常点(授業参加度・小テスト・コメント票等)(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
・参考文献は講義内で紹介します。
・講義内容によりプリントを配付します。
履修上の留意点
・パワーポイントで講義を進めます。講義内容をノート、プリントに書き留めることが必須です。
事前準備学習・その他
・事前学習・事後学習については、講義内で指示します。
・「地理学」「観光サービス論」「ニューツーリズム論」「観光実務論」を履修しておくと理解が進みます。