HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
エアライン・ビジネス論 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(ばば てつや) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
馬場 哲也
授業の目標 - 到達目標-
 エアライン産業に関わる基本的な知識、ビジネス特性、ビジネス環境の実務知識を習得し、更には公共交通機関として使命も理解します。
 また、航空を通して国際文化とは何かを把握します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 エアライン業界の基本的な概念を理解し、業界の特性、動向等を理解すると共に、エアラインビジネスに関する知識を深め、国際文化についても理解を深めます。
授業の内容・講義手法の概要
 実務事例等をまじえながら、エアラインの基本的なサービス、基本的な仕組み、ビジネス特性を学びます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
オリエンテーション、シラバスの説明
2.
エアラインのサービス
3.
空港の機能
4.
エアラインの業務(パイロット)
5.
エアラインの業務(地上・グランドハンドリング・整備エンジニア)
6.
エアラインの業務(Cabin Attendant)
7.
エアラインの業務 (グランドサービス)
8.
中間試験またはレポート
9.
空港の公的業務
10.
日本と世界のエアライン
11.
レベニューマネジメント
12.
航空産業の特性
13.
LCC マイレージサービス
14.
国際文化・慣習
15.
まとめ

 講義の進捗状況によって講義内容・順番等を変更することがあります。

成績評価の方法・基準
 授業貢献度10、中間試験20、レポート20、期末試験50の要素を総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 随時、参考資料となるハンドアウトなどを配布します。
履修上の留意点
 ニュースや新聞等で、常日頃から、航空関係・サービスのあり方・国際関係に意識して動向を理解していく習慣をつけると良いです。
事前準備学習・その他
 空港に実際に行ってみて「探検」を楽しんでください。