HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ホテル・フードサービス論(読替:ホテル・フードサービス総論) 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(もりや こういち) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
森谷 幸一
授業の目標 - 到達目標-
 本授業の目標はホテル産業におけるホテル・フードサービスの基礎知識の習得を目標とします。
① ホテル・フードサービスにおける実務知識の体系的な習得。
② ホテル産業に関わる基本的な知識の習得・理解
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、2年時以降各領域の経営系専門科目を履修するに当たり、その基盤となるサービス経営をしっかりと修得するためにあります。サービス業のホテルレストラン経営の特徴を知り、ホテルの基本的な機能である「飲食」に関する様々なサービスの知識学び、実践に役立つ基本的な枠組みを修得していく。今後、将来のホテルサービス業に専門的にサービス経営を学ぶ基礎を作るための基盤科目となるのが本課目です。
授業の内容・講義手法の概要
 本授業では、ホテル産業におけるサービスの基本的なサービスとは何か、基本的な考え方を分かりやすく解説しながら、ホテルの最高のサービスとは何か、各ホテルの事例等を交えながら顧客に付加価値の高いサービスを適切に提供するためのノウハウを学んでゆきます。
授業の方法
 講義では、集中して授業が聴けるように、講義で説明する要点をまとめたレジュメを配布します。ホテル・フードサービスのプロとは何かを学んでゆきます。
授業計画
1.
オリエンテーション・シラバスの説名
2.
ホテルの歴史〜料飲部門におけるレストランの位置づけ
3.
レストランの組織と職務分担
4.
ホテルレストランサービス(1)サービスとは
5.
ホテルレストランサービス(2)テーブルサービスとは
6.
レストランメニューの知識
7.
フランス料理コースメニューの解説
8.
レストランの種類・外部専門店(レストラン) 導入について
9.
「顧客満足度」とは何か
10.
料飲部門におけるバーの位置づけ
11.
食器・リネン・備品の知識
12.
レストラン苦情問題・対処方法
13.
レストランの防災・防犯
14.
レストラン衛生管理・食中毒対策
15.
まとめ・今期の授業の総括
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(30%)、課題・レポート(20%)、試験(50%) により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 なし
 配布資料に添って解説し、必要に応じて演習を実施します。「レストラン業務の基礎」財団法人日本ホテル教育センター 2011年
履修上の留意点
 ホテル業界・フードサービス業界に対して、常日頃関心を抱いていること。総合演習(ブライダル) 及びサービスラーニング(ライダル)を履修していることが望ましい。
事前準備学習・その他
 前回の配布プリント、学習内容を前日迄に復習してください。講義時次回の課題を出しますので、関連した知識、興味事項等を書籍やインターネットなどを調べて、確認し予習しておくことをお願いします。