HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ホテル・旅館経営論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(おおの けいこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
大野 惠子
授業の目標 - 到達目標-
 本授業では、宿泊業が存在してきた歴史と変遷や役割を理解し、ホテル・旅館宿泊業と、観光、海外旅行などとの関連性を学びます。また、いかに宿泊業においてマーケティングが活用されているかの仕組みとアプローチを学び、専門的な知識の修得を目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、ホスピタリティ・ツーリズムコースの2年生以上を対象としています。宿泊は、ツーリズムを構成する最も重要な要素です。どのような目的の旅行であれ、宿泊が快適でなければ顧客満足は達成されません。欧米や日本における宿泊業が行っている経営戦略と収益管理を修得します。
授業の内容・講義手法の概要
 本授業では、ホテル・旅館経営の基本的な構成と、国内外利用客の需要の相違点と専門用語などを詳しく説明します。また、国内外の様々なホテルと旅館に加えて、宿泊業態の新しいビジネスモデルも含めたケース・スタディ(事例)のビデオを見ながら皆さんと一緒に考えていきます。加えて、旅館経営者をゲスト講師として招聘し、実務的な講義を予定しています。毎回、授業の最後には、理解度をより深めるために講義に関してのミニレポートやコメントを課します。
授業の方法
 
授業計画
1.
講義・評価方法および科目の特徴、ホテル・旅館経営論の概要
2.
宿泊産業の発展史
3.
ホテル戦略の歴史
4.
ホテルのホスピタリティ・サービス製品
5.
ホテルと市場のセグメンテーション
6.
ホテルの流通システム
7.
ホテルとコミュニケーション
8.
ホテルのマーケティング
9.
中間試験
10.
ホテルの市場分析
11.
ホテルの収益計画
12.
ホテルとテクノロジー
13.
旅館経営 ゲスト講義
14.
旅館の歴史と経営
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 中間試験30点、期末試験70点に加えて毎授業で課すワーキングペーパーにより、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 特に指定しません。随時プリントを配布します。
 徳江順一郎著 『ホテルと旅館の事業展開』 創成社 2013年
 フィリップ・コトラー著『コトラーのホスピタリティ&ツーリズム・マーケティング第3版』 ピアソン・エデユケーション 2003年
履修上の留意点
 機会を見つけて、日本のホテルと外資系のホテル、そして旅館に宿泊してみましょう。ロビーやパブリックエリアに立ち寄ってみるだけでも、宿泊業態の個性と、顧客の動向が理解できます。
事前準備学習・その他
 授業での理解が深まるように、事前に参考文献を読んでから受講して下さい。また、日頃からインターネットで、話題になっているホテルの特徴や、人気のあるホテルなどを調べる習慣にするとより理解が深まります。