HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ホテル・フード実務論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(もりや こういち) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
森谷 幸一
授業の目標 - 到達目標-
 本授業の目標は、ホテル業界で日常行なわれているホテルの実務を体系的に理解できることを目標とします。ホテルは宿泊設備としての機能だけでなく、レストランでの会食・宴会場では、会議・展示会・結婚式や国際会議等グローバルなコミュニティーの空間として、経済・文化交流の重要な役割を担っている。ホテルサービスの基本的な知識と考え方を学び、実践に役立つ基本的な枠組みを修得していくことにあります。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、2年時以降各領域の経営系専門科目を履修するにあたり、その基盤となるホテルサービスをしっかりと修得するためにあります。ホテル部門の宿泊部門・レストラン部門・宴会部門だけでなくホテルの料理を作っている調理部門等幅広く関係部門についても掘り下げて学習することにより、より広範かつ深いレベルでの理解が可能になります。ホテルでのサービスとはお客様にサービスする行為そのものであり、内容的には、パーソナルサービスであります。ホテルマンはホテル全体に対する専門的な知識を持ち、お客様とのコミュニケーションをよくし、満足度を高めるような質の高いプロフェショナルサービスが要求される。サービス業におけるマネージメントについて事例等を交えながら顧客に付加価値の高いサービスを提供するためのノウハウを学んでゆきます。
授業の内容・講義手法の概要
 顧客満足度のためのサービス・そのサービスを担当する従業員の満足度が重要です。従業員満足に満ちたホテルとはどのようなホテルなのかを学習してゆきます。従業員満足に満ちたホテルとはどのようなホテル名のカを学習してゆきます。各部門の仕事の連携を学び、ホテル業界を理解することができます。
授業の方法
 講義では集中して授業が聴けるように講義で説明する要点をまとめたレジュメを配布します。各部門の仕事の連携を学び、ホテル業界を理解することができます。
授業計画
1.
オリエンテーション・シラバスの説明
2.
ホテルの経営形態と運営組織
3.
料飲部門の基本・業務内容
4.
ホテル料飲施設の業種
5.
宴会部門の組織・業務内容
6.
宴会部門の実務・宴会の形式とサービス
7.
調理部門の組織・業務内容
8.
ホテルマーケッティングとは何か?
9.
宿泊部門の組織・業務内容
10.
ホテル経理・会計部門の組織と業務内容
11.
仕入・購買部門の業務内容
12.
施設・管理部門のホテル内における位置づけ・業務
13.
総務・人事部門の組織・業務
14.
ホテル関連法規と概要
15.
まとめ・今期の授業の総括
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(30%)、課題・レポート(20%)、試験(50%) により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 特に有りません。適宜紹介します。
履修上の留意点
 総合演習Ⅰ (ブライダル)、サービス・ラーニング(ブライダル)、本授業の単位を修得することで、ホテルビジネス実務検定試験(ベーシックレベル2級)の受験資格が修得できます。
事前準備学習・その他
 前回の配布プリント、学習内容を前日までに復習してください。講義時次回の課題をだしますので、関連した知識、興味事項等を書籍やインターネットなどを調べて、確認し予習しておくことをお願いします。