HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
メディアサービス論(読替:メディアビジネス論) 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(すずき ひろと) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
鈴木 博人
授業の目標 - 到達目標-
 マスメディアを中心にメディアサービスの実態を理解するとともに、各メディアの活用方法を学ぶ
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 「メディアサービス」とは、放送法の改正に伴い従来の「放送」に代わる新しい言葉として提起されたものですが、この講義では放送にとどまらず、新聞、出版物(雑誌・書籍)などのマスメディアのほか近年、インターネットの急激な普及に伴って台頭してきた「電子メディア」や、広告、印刷など周辺サービスも対象にします。この講義のもう一つの目的は、電子メディアを含め、各メディアをどう使い分ければいいかを体得することです。各メディアの長所・短所を理解し、最適な情報収集の方法を自分自身で習得できるようにします。
授業の内容・講義手法の概要
 メディア産業は日々、激しく動いています。この講義では、常に新聞、雑誌などから最新の情報を取り上げ、メディア関連業界・企業の動向を的確にとらえることができるようにします。
授業の方法
 講義が中心ですが、新聞、テレビなどの記事を執筆する訓練をします
授業計画
1.
メディアサービスとは何か
2.
国内マスメディアの直面する問題
3.
海外マスメディアの現状
4.
新聞業界の現状と課題
5.
新聞記事の書き方
6.
放送業界の実情と課題
7.
出版業界の実情と課題
8.
電子メディアの現状と問題点
9.
メディアの人材確保・育成
10.
映画・音楽産業の現状
11.
無代紙誌、双方向サービスの現状
12.
広告・印刷業界の現状と課題
13.
メディアの連携
14.
メディアの行方
15.
総括
成績評価の方法・基準
 レポート(2回)の内容(90%)、平常点およびコメント表の内容(10%)。
指定教科書、参考文献など
 教科書は使いませんが、参考書などは、その都度紹介します。
履修上の留意点
 日頃、新聞・雑誌・電子メディアなどで業界の最新情報に当たることが重要です。
事前準備学習・その他
 新聞などを毎日読み、講義の先を行く情報を取得するよう心がけてください。