HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
メディアサービス論(読替:メディアビジネス論) 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かじうら ひとし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
梶浦 斉史
授業の目標 - 到達目標-
 情報の受け手である消費者の視点から各種メディアの特性、サービスを学びます。また、授業を通じてメディアを活用する能力(リテラシー)の習得も目指します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 当科目はホスピタリティ・ツーリズムコースにおけるメディア関連の授業になります。
 マスメディアの黄金時代は終焉し、インターネットメディアなど新たなメディアが台頭しています。
 メディアは様々なサービスを提供し顧客獲得に注力していますが、消費者の満足度を獲得できないメディアは現実的に淘汰されています。授業では伝統的なマスメディア、インターネットメディアなどが提供するサービスを、消費者の視点から考察し、サービスの本質を学びます。また、メディアの提供するサービスを使いこなす能力の習得も目指します。
授業の内容・講義手法の概要
 メディアの世界は常に変動しています。最新の業界情報に触れながら主要なメディア、サービスを学びます。授業の後半には課題の発表を行ってもらい、それに対するディスカッションを実施します。
授業の方法
 (講義)毎回の授業は、UNIPROVE/CSから配布する教材で行います。教材には学生記入用の空欄があるので、それを埋めながら授業を進めます。
授業計画
1.
メディアとは何か
2.
メディアサービス(新聞)
3.
メディアサービス(雜誌)
4.
メディアサービス(ラジオ)
5.
メディアサービス(テレビ)
6.
メディアサービス(その他のメディア)
7.
メディアサービス(インターネット)
8.
メディアのビジネス
9.
メディアと広告
10.
爆発的な情報量と消費者
11.
メディアの苦闘
12.
マスの視点ではなく、ミクロの視点から考える
13.
(演習)メディアのサービスを検証しよう
14.
(演習)メディアのサービスを検証しよう
15.
最終講義 まとめ
成績評価の方法・基準
 受講態度、参加度(30%)、演習(30%)、試験(40%)で総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 特にありませんが、必要に応じて指定します。
履修上の留意点
 UNIPROVE/CSから配布する教材を必ずプリントアウトして出席してください。
教材を持たない学生の出席は認めません。
事前準備学習・その他
 メディアに関しての情報には常にアンテナを張り情報収集に努めてください。