HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
マスコミ論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(すずき ひろと) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
鈴木 博人
授業の目標 - 到達目標-
 新聞・放送・出版を中心としたメディアの実情を理解し、活用方法を習得する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 電子メディアの急速な発展に伴って、新聞、放送(テレビ・ラジオ)、出版(書籍・雑誌)の主要マスメディアは激動期を迎えています。その現状を的確にとらえ、将来の方向を展望します。また、従来はメディア側からの一方通行だった情報伝達が、近年の情報技術の進展に伴い、「双方向性」が高まってきています。こうした環境変化の中で、「ジャーナリズム」はどう変わっていくのか。マスコミの役割や可能性について考えます。
授業の内容・講義手法の概要
 新聞、雑誌、電子媒体などを活用して、最新情報をもとにした授業展開を心がけます。したがって、受講生の皆さんも、毎日メディアに触れながら、活用方法(使い分け)を磨いてください。
授業の方法
 講義を中心にしますが、レポートなどで新聞、放送などの原稿の書き方を覚えてもらいます
授業計画
1.
「マスコミ」とは何か
2.
新聞業界の現状
3.
新聞社の経営
4.
新聞紙面の構成・記事の書き方、新聞社の将来像
5.
放送業界の現状
6.
テレビ会社の経営(ラジオを含む)
7.
テレビ局の将来像
8.
出版業界の現状
9.
出版社の経営
10.
雑誌の興亡
11.
電子メディアの現状と問題点(1)
12.
電子メディアの現状と問題点(2)
13.
既存マスコミの諸問題
14.
欧米マスコミの現状
15.
マスコミはどこへ行くのか
成績評価の方法・基準
 レポート2回(90%)、平常点およびコメント表の内容(10%)。
指定教科書、参考文献など
 教科書は使いません。参考書となる書籍は多数出版されています。毎回の講義で、最新の書籍を紹介します。メディアは変化が激しいので、書籍の内容の陳腐化が極めて速いことに注意しください。
履修上の留意点
 毎日、新聞を読む習慣をつけてください。この授業のためだけでなく、卒業後の人生にも関わってくるからです。
事前準備学習・その他
 講義に先行して各メディアに当たることだけでなく、講義内容をメディアで確認することが重要です。