HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
広告論 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かなざわ よしあき) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
金澤 良昭
授業の目標 - 到達目標-
 広告について学びます。
①企業が行っているマーケティング活動について概要を理解する。
②広告を行う目的やプロセス、効果について基本的な内容を理解する。
③メディアの変化が広告に及ぼす影響を理解する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本学部では、広告論はホスピタリティ・ツーリズムコースにおけるメディア関連の主要科目であるとの位置づけです。ですから関連分野の科目を履修することも当科目を理解する上で大変有益です。
 また広告自体が何らかの媒体を必要とし、特徴を持ったコミュニケーション活動でもあることから、経営学のみならずメディアやコミュニケーションを扱う社会学、社会心理学といった分野でも研究されている裾野の広い研究分野とあるといえます。
授業の内容・講義手法の概要
 本講義では、理論的視点と実務的視点の両面から、重要なトピックを取り上げ解説していきます。マーケティング活動の一環としての広告を概観した後、広告媒体ごとの特徴、効果、動向等を学びます。加えて広告表現、媒体計画の企画などのグループワークを通して広告の理解を深めていただきます。また授業では理解が促進できるようDVDなどの映像教材も活用したいと考えています。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
広告の定義・分類・歴史
2.
マーケティング活動における広告等の役割
3.
広告と種類・機能
4.
広告の効果とモデル
5.
広告とメディア特性/ 新聞
6.
広告とメディア特性/ 雑誌
7.
広告とメディア特性/ 屋外・交通
8.
広告とメディア特性/ 放送
9.
広告とメディア特性/ インターネット
10.
広告とプロモーション(販売促進)
11.
広告の組織
12.
メディア・ミックス
13.
広告と法規制
14.
広告計画
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(30%)、課題・レポート(20%)、試験(50%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
教科書:石崎徹編著『わかりやすい広告論』八千代出版2012年
参考文献: 日経広告研究所編『広告コミュニケーションの総合講座―理論とケーススタディー〈2017〉』日経広告研究所 2016年
履修上の留意点
 特になし
事前準備学習・その他
事前準備:授業理解が深まるよう教科書を予習して受講してください。
事後学習:授業で学んだ内容について振り返るとともに、関連した知識、興味事項などを書籍やネットで調べてみてください。また事後課題を課した場合は指示通り行ってください。