HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
イノベーション・マネジメント論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かんせん みずお) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
甘泉 瑞応
授業の目標 - 到達目標-
 本授業では、イノベーションに関する基礎的な知識を取得することを目標とします。イノベーションとは何か、なぜイノベーションが必要なのか、イノベーションはどのように発生するのか、イノベーション・プロセスをどのようにマネジメントするのかなど、イノベーションを総合的に理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 「イノベーション・マネジメント論」は、サービスマネジメントコースのコア科目です。したがって、サービスマネジメントコースに所属する学生は必ず履修してください。「イノベーション・マネジメント論」の展開科目として、「サービス創造論」「イノベーション・プロセス論」(両科目とも後期開講科目)があります。すなわち、「イノベーション・マネジメント論」を履修した上で「サービス創造論」「イノベーション・プロセス論」を履修することが望ましいです。
授業の内容・講義手法の概要
 イノベーションを創出するためのマネジメントのあり方について事例等を交えながら体系的に学んでいきます。授業では、受講者の理解を助けるための資料を配布します。また、毎回の授業では理解度を確認するための提出物を課します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
イントロダクション
2.
イノベーションとは
3.
経営戦略のテーマとしてのイノベーション
4.
イノベーションの現場(シリコンバレー発イノベーション)
5.
破壊的イノベーション
6.
イノベーションを導き新しい考え方(デザイン思考)
7.
「リーン・スタートアップ」と「アダプティブ戦略」
8.
中間試験
9.
イノベーションを生む組織文化
10.
イノベーターの心構え
11.
経験経済
12.
ICT とイノベーション
13.
事例研究①
14.
事例研究②
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 試験(中間試験と期末試験)70%、毎回の授業で課す提出物30%の割合で総合的に評価します(授業への参画度も加味します)。
指定教科書、参考文献など
 教科書は指定しません。
 参考文献は授業で適宜紹介します。
履修上の留意点
 日頃から新しいビジネスやサービス、商品に関する情報(新聞、テレビ、インターネット等からの情報)に関心を持ち、それがどのような観点から考えだされたのか、またどのようにマネジメントが行われているのかを考える習慣を身につけて下さい。
事前準備学習・その他
 上記(履修上の留意点)に加え、各自、授業内容をきちんと理解するよう、その日のうちに配布資料をもとに復習して下さい。