HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
サービス創造論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かんせん みずお) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
甘泉 瑞応
授業の目標 - 到達目標-
 この授業は講義と演習を通じて、革新的なサービスを創造する手法を学びます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 「サービスマネジメントコース」における「サービス・イノベーション サブコース」を履修した学生は必ず履修して下さい。「サービス創造論」は「イノベーション・マネジメント論」の展開科目です。したがって、履修生は「イノベーション・マネジメント論」を履修していることが望ましいです。また、「イノベーション・プロセス論」(後期開講科目)を同時に履修することが望ましいです。
授業の内容・講義手法の概要
 講義では、サービスを創造するための様々な手法についてについて学びます。演習では、それらの手法を用いてクリエイティブなアイディアやビジネスモデルを考えてもらい、グループディスカッションによりアイディアを発散・収束させていきます。それぞれの演習の終わりには、グループごとにディスカッションでのプロセスの説明と出来上がったサービスの発表をしてもらいます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
イントロダクション
2.
アイディア創造
3.
問題発見(共感とWOW!の追求)
4.
ブレインストーミング
5.
ユーザーモデル(ペルソナ分析)
6.
アイディアの文脈(アイディアの記号化と物語の見える化)
7.
チームビルディング(イノベーションを育むチームとメンバーの役割)
8.
中間試験
9.
演習①:身近な便利グッズを考える
10.
演習②:旅行を企画する
11.
演習③:パーティーを演出する
12.
演習④:テレビ番組を企画する
13.
演習⑤:新しいフードビジネスを考える
14.
演習⑥:ICTを用いたビジネスモデルを考える
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 授業への積極的な参加と貢献度、毎回の提出物、レポート、試験などによって総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書は指定しません。
 参考文献は授業で適宜紹介します。
履修上の留意点
 演習でのディスカッションには積極的に参加して下さい。
事前準備学習・その他
 演習へは、各自、課題に対するアイディアをできるだけたくさん考えて臨んで下さい(授業開始時にアイディアリストを提出してもらいます)。