HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
イノベーション・プロセス論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(みよし ひでひこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
見吉 英彦
授業の目標 - 到達目標-
 「イノベーション・プロセス論」では、イノベーション・プロセスに関する理論的枠組みを学習すると同時に、実際のビジネスの現場ではどのようにして戦略を立て、イノベーションを生み出し、収益を上げていくのかを学習していきます。
 そして、イノベーションを実現するために必要な能力を獲得してもらうことを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 「サービス・マネジメントコース」における「サービス・イノベーション・サブコース」に所属する学生は必ず履修してください。「イノベーション・プロセス論」は「イノベーション・マネジメント論」の展開科目です。したがって、「イノベーション・マネジメント論」を履修していることが望ましいです。また、この授業を履修した学生は、さらに「経営組織論」を履修することが望ましいです。
授業の内容・講義手法の概要
 講義形式で授業を進めていきます。授業時には、レジュメを配布します。授業の始めに、前回の講義内容についての小テストを行います。また、適宜レポート課題も課します。小テストの成績や事前課題の提出状況を平常点として加算します。なお、授業の最後には、毎回、コメント票を配布します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
授業の進め方・成績評価方法・小テストについて/イノベーションとは何か
2.
イノベーション・プロセス1:イノベーションは誰が担うのか?
3.
イノベーション・プロセス2:知識を創造することは可能か?
4.
イノベーションのアイデア:それは「パクリ」か、「オマージュ」か
5.
イノベーション・プロセス3:どのようにして、消費者へ普及していくのか?
6.
イノベーション・プロセス4:他人がもっているから「欲しい」?「欲しくない」?
7.
消費者へのアプローチ:よい広告とは?
8.
イノベーションを生み出す戦略1:全社戦略の重要性
9.
イノベーションを生み出す戦略2:ポジショニング・アプローチ
10.
イノベーションを生み出す戦略3:リソース・ベースド・ビュー
11.
イノベーションを実行する組織1:組織とは?
12.
意思決定:優れたイノベーションを生み出す人とは?
13.
ビジネスモデル1:Amazonが赤字経営を続ける理由
14.
ビジネスモデル2:シャープの栄光と衰退
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 授業開始直後に行う10分程度の復習テスト(30%)、期末試験(70%)に加え、毎授業で課すコメント票と授業への参画度等も加味し、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 参考文献
 近能善範・高井文子著(2010)『コア・テキストイノベーション・マネジメント (ライブラリ経営学コア・テキスト) 』、新世社
履修上の留意点
 
事前準備学習・その他
 授業開始直後に、前回の講義内容についての小テストを行います。
 (詳細は、初回授業時に説明します。)