HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
アントレプレナーシップ 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(すずき ひろと) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
鈴木 博人
授業の目標 - 到達目標-
 アントレプレナーシップとは「起業家精神」という意味です。起業家精神は事業を興す際に必要不可欠な心構えですが、この講義は起業家精神だけでなく、創業時、さらには成長段階で必要な事柄の理解を目標にします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 この科目は主に「ベンチャー企業」の経営を対象にします。ベンチャー企業とは、「急成長志向の若い中小企業」を指しますが、世界的に経営環境が激変している現在、ベンチャーの経営手法は既存の大企業や中小企業にも必要になりつつあります。したがって講義の際は、企業の規模や歴史にこだわらず、経営革新や新事業開発の事例を幅広く取り上げます。
授業の内容・講義手法の概要
 ベンチャーの経営手法は、すべての起業家に共通のものは少なく、起業家それぞれに固有のものと考えるべきです。したがって、この講義では、できるだけ多くの起業家を扱い、それぞれ特徴ある経営哲学、経営理念、経営手法を浮き彫りにして、事業の取り組み方を勉強します。また、創業に不可欠な「事業計画」の作成手法もマスターしてもらいます。
授業の方法
 講義を中心にしますが、起業家(成功した経営者を含む)本人に話を聞く機会を設けることも考えます。
授業計画
1.
起業家精神とは何か
2.
起業家の誕生(起業家はどのようにして生まれるのか)、起業家の資質
3.
ベンチャー企業の実態
4.
起業立地
5.
ベンチャー企業とリスク
6.
「事業計画」の作成
7.
日本の代表的起業家Ⅰ(高度成長期までの起業家)
8.
日本の代表的起業家Ⅱ(現代の起業家)
9.
海外の代表的起業家
10.
ベンチャー企業の成長プロセスⅠ
11.
ベンチャー企業の成長プロセスⅡ
12.
ベンチャー企業の資金調達
13.
ベンチャー企業支援Ⅰ(公的支援、資金支援)
14.
ベンチャー企業支援Ⅱ(資金以外の支援)
15.
総括
成績評価の方法・基準
 期末試験(70%)、レポートの内容(20%)、平常点およびコメント表の内容(10%)。
指定教科書、参考文献など
 教科書は使いませんが、参考書は「ベンチャー企業 第4版」(松田修一著)などがあります。
履修上の留意点
 著名な創業経営者の著書、伝記などを読むと、理解度が格段に高まります。
事前準備学習・その他
 上記の書物のほか、日々の新聞、雑誌の記事、テレビの経済番組などに注意してください。