HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
サービス・マーケティング論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(おおの けいこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
大野 惠子
授業の目標 - 到達目標-
 本授業は、企業の「優位性」と「売れる仕組み」を構築するためのマーケティング手法の修得が目標です。マーケティングの基本的な知識に基づいて、企業が実際に行っているマーケティングのケース・スタディ(事例)を見ながら、様々な企業が取り組むマーケティング活動について学びます。サービスの特性と特徴を理解し、企業において、どのような価値が創造され、顧客に支持されていくための構成要素とフレームワーク(枠組み)を理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、1年生で履修する「サービス・マネジメント論」と「マーケティング」の次の段階として、2年生以上を対象としています。様々な業態における企業が行うマーケティングを学びます。製造業におけるマーケティングの必要性を明確化すると共に、サービスの特性を生かしたサービス・マネジメントの仕組みを修得しますので、基盤科目を履修後に本科目を履修すると理解しやすいでしょう。
授業の内容・講義手法の概要
 本授業では、サービスの特性を理解した上で、国内外のサービス業が行うマーケティングの事例を考察します。講義では、ケース・スタディのビデオを活用すると共に、サービス・マーケティングの視点における企業研究を発表する演習を行います。毎回、授業の最後には、理解度をより深めるために講義に関してのミニレポートやコメントを課します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義・評価方法および科目の特徴、サービス・マーケティングの概念
2.
サービス社会とサービス商品
3.
サービス商品の定義
4.
サービス商品とモノ商品
5.
サービス商品の比較 欧米VS日本
6.
サービス商品の構成とカテゴリー
7.
サービス商品の特徴とサービスのエンカウンター
8.
サービス商品の品質管理
9.
学生発表:事例研究
10.
顧客価値の実現とサービスの組織
11.
サービス・マーケティング・ミックス
12.
サービス企業のマーケティング戦略
13.
サービスのグローバル化とグローバル・マーケティング
14.
マーケティングの新しい考え方
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 学生発表20点、期末試験80点に加えて毎授業で課すワーキングペーパーを加味し、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 近藤隆雄著 『サービス・マーケティング 第2版』生産性出版 2010年
 フィスク他著、小川孔輔他訳『サービス・マーケティング入門』法政大学出版局 2005年
履修上の留意点
 日頃から利用している企業が、いかにして顧客に支持される「優位性」と「売れる仕組み」を構築しているのか考えてみましょう。その意識が、マーケティング活動につながります。また、人気のあるブランドや店舗の観察も試みてください。
事前準備学習・その他
 1年生の後期で履修した「マーケティング」は、本科目の基盤です。事前に該当の教科書と授業で配布した資料などを復習した上で受講すると、より理解が深まります。また、日経新聞や、インターネットから注目商品の情報収集を行うとより理解度が増し、興味が湧くでしょう。