HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
サービス・マーケティング論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(くろさき むねひろ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
黒﨑 宗宏
授業の目標 - 到達目標-
 本授業の目標は、「サービスという形がない商品に対しどのように価値を創造し顧客に提供していくか」というマーケティング活動を理解することです。マーケティングの基本知識を生かしながらサービス・マーケティング固有の事象を理解することで考え方の枠組み(フレームワーク)を学びます
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、1年次で履修するサービス経営の基盤科目である「サービス・マネジメント論」と「マーケティング」を学んだ後に選択する応用科目として位置付けられています。既に学んでいる製造業における製品のマーケティングとの違いも明らかにしますが、対象業界はサービス業に限定した内容ではありません。社会のサービス化に伴い製造業も様々なサービスを提供して商品の付加価値を上げています。多くの業界でサービスという形のない商品のマーケティングが重要になっています。
 特に、サービス・マネジメントコースの中で「サービス・マーケティングコース」を選択している学生は、コースのコア科目になっているので必ず履修し、本科目を修得の上2年次後期以降の専門科目へと繋げてください。
授業の内容・講義手法の概要
 授業は、教科書のテーマを基本に授業計画に沿って行います。サービス業のケースとして「スターバックス・コーヒー」をグループ討議に使います。講義では、必要に応じ資料を配布します。授業の最後に、理解度を確認するために講義に関するコメント票を課す場合があります。ケースに登場する経営者をゲスト講師として招き実際の経験を説明してもらいます。(予定)
授業の方法
 講義(ディスカッション)とケース討議を併用します。
授業計画
1.
イントロダクション:サービス・マーケティングとは何か?
2.
サービス化社会の到来
3.
商品としてのサービス
4.
サービス商品の特徴 −モノ製品とどこが違うのか
5.
サービス・プロダクトとモノ・プロダクト
6.
サービス商品の特徴 −サービス・エンカウンターの設計
7.
サービスの分類と構成要素
8.
サービスの品質
9.
顧客価値の実現とサービス組織
10.
サービス・マーケティング・ミックス
11.
サービス・マネジメント・システム
12.
ケース学習
13.
ケース討議「スターバックス」または「モスフードサービス」
14.
サービス・プロフィット・チェーン
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 クラスでの発言・ケース討議50点、レポート10点、期末試験40点
指定教科書、参考文献など
指定教科書: 近藤隆雄著 『サービス・マーケティング 第2版』 生産性出版 2010年
ケース(授業で指定): 慶応ビジネススクール他「スターバックスコーヒー」または「小さな高収益ICT企業エリア」、コンテンツワークス(株) 2007年
履修上の留意点
 質疑応答など授業への積極的な参加で理解度が深まります。またケース討議を行う事で社会人に必要な自律的に課題を発見し解決策を考える準備ができます。
事前準備学習・その他
 1年次後期で学んだ「サービス・マネジメント論」や「マーケティング」を事前にしっかりと復習しておいてください。