HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
流通システム論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(くろさき むねひろ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
黒﨑 宗宏
授業の目標 - 到達目標-
 この授業では生産と消費を結び社会に必須な機能である卸・小売りなどの「流通の仕組み」を学びます。なぜユニクロやビックカメラは低価格で利益が出るのか、コンビニや百貨店は定価販売なのかなど仕組みから理解します。賢い消費者、有能な社会人となるために必要不可欠な流通の仕組みや価値を説明できるようになることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 基礎経営学、マーケティングの知識を前提としています。製造業からみると流通はマーケティングチャネルですが、流通業からみればチャネル(店舗、ネット等)だけでなくマーケティングの4Pが揃っていますので、この授業ではマーケティングを流通と言う業態で学ぶことになります。履修後は業界や個別企業を深く学ぶ『リテールビジネス論』の履修が望ましい。
授業の内容・講義手法の概要
 流通の社会的役割や機能等をスーパー、コンビニ、専門店、ディスカウントストア、衣料品卸などの実例で説明します。同時に流通における戦略や分析手法も学びます。企業統合・買収などの背景やIT技術の進化により実現するオムニチャネル戦略など今起きている内容も網羅します。「ユニクロ」のケースを使い企業経営者だったらどうすべきかグループで討議します。授業の最後に、理解度を確認するために講義に関するコメント票を課す場合があります。
授業の方法
 
授業計画
1.
イントロダクション:流通とは何か?
2.
流通チャネル
3.
マーチャンダイジング
4.
卸とロジスティクス
5.
業態研究1:業態の盛衰
6.
業態研究2:アパレル業界とSPA(製造小売業)
7.
ケース・グループ学習(ユニクロ)
8.
ケース討議と解説(ユニクロ)
9.
業態研究3:コンビニエンスストア(セブンイレブンは小売業か?)
10.
流通業界の淘汰再編(食品スーパー業界)
11.
EC(アマゾンドットコム)
12.
ICT と流通(オムニチャネル)
13.
社会貢献(CSR)
14.
流通の将来
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 クラスでの発言・ケース討議40点、中間・期末試験60点
指定教科書、参考文献など
指定教科書:なし
慶応ビジネススクール「ユニクロ/ ファーストリテイリング」コンテンツワークス(株) 2002年又は他のケース
履修上の留意点
 質疑応答など授業への積極的な参加で理解度が深まります。またケース討議を行う事で社会人に必要な自律的に課題を発見し解決策を考える準備ができます。
事前準備学習・その他
 1年次後期で学んだ「サービス・マネジメント論」や「マーケティング」を事前にしっかりと復習しておいてください。