HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
流通システム論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(こだま たけお) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
小玉 武生
授業の目標 - 到達目標-
 流通全体に関する基礎的な知識を深め、リテールビジネスの仕組みや経営を考える力を養い、より専門的な学習について踏み込む基礎を形成することを目標としています。マーケットの変化と経営との関連性について意識を高め、常に競合状況、社会背景、戦略の三つの視点から企業を観察してもらいたいと思います。国際流通論では、次の4点について正しく説明ができるようになることを到達目標とします。
(1)流通についての基礎的な理解
(2)組織形態別小売業の運営特性(チェーン・ストアの3 形態)
(3)店舗形態別小売業の運営特性(百貨店、GMS、スーパーマーケット、ホームセンター等)
(4)グローバル・リテーラーの主力業態とその戦略
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 1・2年次のサービス・マネジメント論、流通サービス総論を基礎とした、流通サービス領域の専門科目として位置づけられます。リテール・ビジネス論、マーチャンダイジング論等と併せて履修することで、より広範かつ深いレベルでの理解が可能になります。
授業の内容・講義手法の概要
 生産と消費を結ぶ存在、つまり小売業とそれに関連する製造業、物流業、情報システム業のこと全体を指して流通と呼びます。もちろん消費者も流通の重要なプレーヤーです。流通にはこれらの企業が果たす社会的機能や取引といった意味もあります。この授業では流通活動の意義や構造、流通チャネルとは何かといった基本的なことから始め、グローバル化の現状とそれが日本の流通にもたらしているインパンクトについて考えていきます。具体的には、内容は大きく3つの柱から成り、ひとつ目が流通の基本構造、二つ目が組織小売業の運営特性、三つ目がグローバル・リテーラーの動向です。3点目については5つの特徴的な小売業態・企業を取上げ、わが国流通業との比較も交えながら検討を加えます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴(ガイダンス、小売業の分類、チェーンストアとは)
2.
流通と小売業、小売業の構造変化
3.
コンビニの成長要因、フランチャイズチェーン・システム4. 世界の小売業
4.
の動向と主力業態
5.
バイイング・パワーと流通革新、PB・NB
6.
①ディスカウントストアの盟主ウォルマート
7.
②会員制ホールクラブの覇者コストコ
8.
③ SPA(製造小売)の先駆者GAP
9.
④百貨店業界のガリバー、フェデレイテッド
10.
⑤ハイパーマーケットの王者カルフール
11.
小売業の業態変化に関する仮説
12.
従来の流通とサプライチェーン・マネジメント
13.
重要ポイントの振り返り、課題レポートについて
14.
日米流通業比較・最新のトピックス
15.
まとめ・確認テスト
成績評価の方法・基準
 授業参加の積極性(出席率・コメント票の記述内容50%)、および確認テスト、レポート、試験(50%)などによって総合的に成績を評価します。
指定教科書、参考文献など
 特定の教科書は使用しません。毎回資料を配布します。日経流通新聞
履修上の留意点
 毎回時事問題や流通についてのトピックスを取り上げ、皆さんにも考えてもらいます。
事前準備学習・その他
 日頃から日本経済新聞、日経流通新聞をよく読み小売業の動向把握に努め、つねに、その背景にある問題や企業戦略について考える意識を持つことが大切です。要点整理のメモを作成してみましょう。