HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
リテール・ビジネス論 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(くろさき むねひろ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
黒﨑 宗宏
授業の目標 - 到達目標-
 この授業では特定の業態や個別企業について深く学びます。チェーンオペレーション、コンビニエンスストア業態、EDLP(エブリディロープライス)戦略、PDCA等ここで学んだことを明確に説明できるようになることを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 基礎経営学、マーケティングの知識を前提としています。流通システム論で学んだ業態や企業をより深く学びます。履修後は品揃えや商品計画を学ぶ『マーチャンダイジング論』につながります。
授業の内容・講義手法の概要
 多店舗展開に有効なチェーンオペレーションについて機能分担・評価の仕組みなど詳細を学びます。また複雑な流通構造が残るアパレル流通業界で、百貨店チャネルを重視する企業と駅ビル、ショッピングセンター等の路面店を重視するSPA(製造小売業)との戦略の違いを比較します。拡大するコンビニエンスストア業界での各社の戦略を比較します。破たん企業の再生事例も紹介します。また「ウォルマート」のケースを使い企業経営者だったらどうすべきかグループで討議します。授業の最後に、理解度を確認するために講義に関するコメント票を課す場合があります。
授業の方法
 講義(ディスカッション)とケース討議を併用します。
授業計画
1.
イントロダクション:リテールビジネス論の内容
2.
流通システム
3.
チェーンオペレーション
4.
本部の役割と店舗の役割
5.
EDLP(エブリディロープライス)戦略と特売
6.
アパレル卸・小売業界
7.
ケース・グループ学習(ウォルマート)
8.
ケース討議と解説(ウォルマート)
9.
コンビニエンスストア業界
10.
ポジショニングと戦略
11.
ドラッグストア業界
12.
流通戦略1(PB、カード、ICT)
13.
流通戦略2(統合シナジー)
14.
企業再生(専門店チェーン)
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 クラスでの発言・ケース討議40点、レポート10点、期末試験50点
指定教科書、参考文献など
指定教科書:なし
 ハーバードビジネススクール「ウォルマート」コンテンツワークス(株) 2002年
履修上の留意点
 質疑応答など授業への積極的な参加で理解度が深まります。またケース討議を行う事で社会人に必要な自律的に課題を発見し解決策を考える準備ができます。
事前準備学習・その他
 「サービス・マネジメント論」「マーケティング」及び「流通システム論」を事前にしっかりと復習しておいてください。日経新聞や雑誌等で流通に関する記事を読むようにしてください。