HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
リテール・ビジネス論 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(こだま たけお) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
小玉 武生
授業の目標 - 到達目標-
 小売業の動向、個別企業の戦略を中心に流通産業全体について専門的な知識を深め、リテールビジネスの仕組みや経営を考える力を養うことをねらいとしています。マーケットの変化と経営の関連性についての意識を高め、常に競争状況、社会的背景、戦略の三つの視点から企業を観察してもらいたいと思います。リテールビジネス論では、次の4点について正しく理解し説明がでいるようになることを到達目標とします。
(1)流通の役割や機能についての基礎的な理解
(2)チェーン・ストアの原理とローコスト・オペレーションについて
(3)コンビニエンス・ストア・システムの革新性
(4)バイイング・パワーとエブリディ・ロー・プライス戦略について
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 1年次のサービス・マネジメント論を基礎とした、流通サービス領域の専門科目として位置づけられます。マーチャンダイジング論等と併せて履修することで、より広範かつ深いレベルでの理解が可能になります。
授業の内容・講義手法の概要
 生産と消費を結ぶ存在、つまり小売業とそれに関連する製造業、物流業、情報システム業のことを流通と呼びます。流通にはこれらの企業が果たす社会的機能や取引関係の意味もあります。この授業では流通活動の意義や構造、流通チャネルとは何かといった基本的なことから始め、百貨店やスーパー、コンビニエンスストア等の現状把握と企業戦略の分析を行ないます。小売業の経営は消費者行動によって大きな影響を受けるのはもちろんですが、海外の情勢や技術革新とも無縁ではありません。内容の柱のひとつが流通業の環境変化と経営で(少子高齢社会、規制緩和、バブル崩壊、都市構造の変化、流通の国際化)、二つ目が小売業の革新(チェーンオペレーション、フランチャイズ、e-コマース等の新業態)です。三つ目が中間流通(卸機能)の変化です。たいへん競争が厳しい分野ですがとても興味深い流通の世界を紹介しその将来像を考えます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
小売業の分類
3.
チェーンストアの社会的役割、3つのタイプ゚
4.
チェーンストア・オペレーションの原理、本部の機能
5.
商品政策の基本、POS システム
6.
バイイング・パワーと流通革新、PB・NB
7.
コンビニの成長要因、フランチャイズ・チェーン・システム
8.
コンビニエンス・ストア・システムの革新性
9.
イトーヨーカ堂グループの商品戦略
10.
従来の流通とサプライチェーン・マネジメント
11.
チェーンストアのローコスト・オペレーション、出店戦略
12.
EDLP(エブリディ・ロー・プライス)戦略
13.
重要ポイントの振り返り
14.
小売業の経営戦略(企業事例)
15.
まとめ・確認テスト
成績評価の方法・基準
 授業参加の積極性(出席率・コメント票の記述内容50%)、および確認テスト、レポート、試験(50%)などによって総合的に成績を評価します。
指定教科書、参考文献など
 特定の教科書は使用しません。毎回資料を配布します。日経流通新聞
履修上の留意点
 毎回時事問題や流通についてのトピックスを取り上げ、皆さんにも考えてもらいます。
事前準備学習・その他
 日頃から日本経済新聞、日経流通新聞をよく読み小売業の動向把握に努め、つねに、その背景にある問題や企業戦略について考える意識を持つことが大切です。要点整理のメモを作成してみましょう。