HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
マーチャンダイジング論 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(こだま たけお) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
小玉 武生
授業の目標 - 到達目標-
 小売業にとって最も重要なマーケティング活動であるマーチャンダイジングについて基礎的な理解を深めながら、小売業の営業活動の骨格や実態を学ぶことを目的とします。具体的には、小売業の営業の仕組みを知り、個々の企業戦略を見る眼を養うことです。次の4点を到達目標とします。
(1)マーチャンダイジングとはどのようなものか説明することができる。
(2)小売業の営業活動の仕組みを理解する。
(3)ABC分析や利益貢献度分析等基本的な営業分析ができる。
(4)POSシステムの役割や仕組み、NB(ナショナル・ブランド)・PB(プライベート・ブランド)などについての基本的な知識を得る。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 1年次のサービス・マネジメント論を基礎とした、流通サービス領域の専門科目として位置づけられます。リテール・ビジネス論等と併せて履修することで、より広範かつ深いレベルでの理解が可能になります。
授業の内容・講義手法の概要
 マーチャンダイジングとは、企業がそのマーケティング戦略に沿って、いかに商品やサービスを消費者のニーズに適合した形で提供するか、そのための計画と実行・管理のことです。この授業ではマーチャンダイジングの仕組みからその実践まで体系的に学習します。マーチャンダイジング計画の立案、小売業の組織、商品戦略(商品の構成・選定・調達、サービスの内容)、販売戦略(価格政策、インストア・マーチャンダイジング、プロモーション)を柱に、それぞれの小売業の業態特性と経営戦略と結びつけながら順次解説します。特に現代の経営における情報ネットワークの重要性に着目し、情報システム化やロジスティックス(戦略的物流戦略)の現状にも目を向けます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴(ガイダンス、コンビニの成長要因)
2.
マーチャンダイジングの体系
3.
商品政策の目的と役割
4.
最新の流通のトピックス
5.
マーチャンダイジング・サイクル
6.
ABC分析とパレートの法則
7.
カスタマー・リレーションシップ・マネジメント
8.
商品の分類、仮説検証経営
9.
重要なライフラインとしての小売業
10.
利益貢献度分析
11.
従来の流通とサプライチェーン・マネジメント
12.
POSシステム、PB(プライベート・ブランド)とNB(ナショナル・ブランド)
13.
重要ポイントのおさらい、課題レポートについて
14.
最新の流通のトピックス
15.
まとめ・確認テスト
成績評価の方法・基準
 授業参加の積極性(出席率・コメント票の記述内容50%)、および確認テスト、レポート、試験(50%)などによって総合的に成績を評価します。
指定教科書、参考文献など
 特定の教科書は使用しません。毎回資料を配布します。日経流通新聞
履修上の留意点
 毎回時事問題や流通についてのトピックスを取り上げ、皆さんにも考えてもらいます。
事前準備学習・その他
 日頃から日本経済新聞、日経流通新聞をよく読み小売業の動向把握に努め、つねに、その背景にある問題や企業戦略について考える意識を持つことが大切です。要点整理のメモを作成してみましょう。