HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
金融論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(まつざわ ゆうすけ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
松澤 祐介
授業の目標 - 到達目標-
 1. 貨幣の機能、役割 2.金融仲介機能の理解 3.金融市場の仕組み 4.金融政策の効果 5.世界的な資金循環 6.国内外の金融危機への対応
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 「金融」といえばまず、銀行やコンビニのATM に馴染みがあることでしょう。この講義では、まず「お金」や銀行の基本的な機能の理解からはじめ、お金の動きは経済にどのような影響を与え、どのようにして支えているのか、経営に必要なお金はどのように調達するのか、サービス業としての金融とは何か、そして「お金」はどのように殖え、私たちの生活を豊かにするかを検討します。
授業の内容・講義手法の概要
 まず金融の全体像としてお金とその流れを支える機関(銀行、証券会社、生命保険、損害保険会社等)を理解します。次いで、金融機関が活動する金融市場について学び、企業や私達消費者がどのようにお金と「付き合っているか」をより具体的に知ります。このようなお金の流れは経済活動に影響を与え国や政府などの公的な機関も大きな役割を果たしています。従って、金融に関する政策や規制・ルールに関しての講義も行います。最後に、日本と海外とのお金の動きを、円とドル、ユーロなどの外国為替相場の決まり方や、2008年来の世界的な金融危機とその影響、世界の対応などから理解します。加えて、金融の現場の理解を深めるため、実業界等からのゲスト講師をお招きする予定です。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
イントロダクション:金融に関する基礎理解
2.
金融機関の種類と業務
3.
通貨の機能と役割
4.
日本の金融史
5.
銀行業
6.
金融市場、金利
7.
企業金融、証券市場
8.
保険業
9.
金融と情報
10.
信用秩序、金融機関監督
11.
中央銀行の機能と役割
12.
金融政策の理論
13.
近年の金融政策
14.
資金循環
15.
世界的な金融危機と対応
成績評価の方法・基準
 各回の授業で提出を求める「課題」や小テストなどで50%、定期試験で50%の評価とします。
指定教科書、参考文献など
 家森信善(2016)「ベーシック+金融論」中央経済社
履修上の留意点
 特になし。
事前準備学習・その他
 事前準備として、新聞の金融経済面で日々の動向を追うことを、また事後学習として、授業で課される課題を通じて復習することを求めます。