HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
国際金融論 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(むとう まこと) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
武藤 誠
授業の目標 - 到達目標-
 国際金融論は、国家間のお金の動きによって生じる諸問題について考察する学問です。国際金融に関わる知識を学習し、特に為替相場に関する問題や仕組みを、現実の経済に結び付けて理解する力を養うことを目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 「経済学」「金融論」の応用科目の一つです。「経済学」「金融論」で国際金融の基礎知識は学習しましたが、本講義ではより発展的な知識の習得を行います。
授業の内容・講義手法の概要
 本講義で取り扱う内容は以下の通りです。
 「国際資本移動のメカニズム」「為替相場制度」「為替相場の決定」「通貨危機」「国際通貨制度」「通貨統合」「国際金融システム」
 講義は基本的にレジュメに従って行います。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
オリエンテーション
2.
国際収支の理論
3.
為替相場制度
4.
為替相場の決定理論①:購買力平価
5.
為替相場の決定理論②:金利平価
6.
為替相場の決定理論③:伸縮価格マネタリー・モデル
7.
為替相場の決定理論④:硬直価格マネタリー・モデル
8.
為替相場の決定理論⑤:ポートフォリオ・バランス・モデル
9.
外国為替市場の効率性とニュースの理論
10.
為替介入
11.
マンデル・フレミング・モデル
12.
通貨危機の理論
13.
国際通貨制度
14.
通貨統合の理論
15.
金融のグローバル化と資本規制
成績評価の方法・基準
 中間試験で50%、期末試験で50%の評価とします。
指定教科書、参考文献など
 参考文献:『 国際金融論をつかむ』 橋本優子・小川英治・熊本方雄(著) 有斐閣2007年
履修上の留意点
 特になし。
事前準備学習・その他
 講義の事前準備として、レジュメや参考文献を用いて復習を行っておくようにしてください。