HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
地域経済総論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(はっとり えり) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
服部 映里
授業の目標 - 到達目標-
(1)地域経済を定量的に捉えるための指標・手法を理解します。
(2)地域経済を定性的に捉えるための理論的枠組みを理解します。
(3)地域経済の動態とそれに影響を及ぼす諸要素について地域の実例とともに理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 地域経済、地域行政、地域社会などに関わる専門領域の基礎知識習得を目的とします。また、コミュニティ・ビジネス、福祉サービス、観光産業、交通ネットワーク等への関心を持つ層にも視野を広げてほしい領域です。地域・地域経済を論じていく中では地理学、経済学、行政学、社会学において用いられる諸概念に触れますが、本科目は入門的位置づけですので、予備知識は要求しません。
授業の内容・講義手法の概要
 授業の前半では、地域経済における主要な論点を、関連する理論の紹介をしながら学びます。それらの論点や地域を見るフレームを念頭において、授業後半では我が国のさまざまな地域経済のありようを実際の地域のケースを用いながら具体的に理解します。
授業の方法
 授業は、教科書・参考文献をベースにした講義を中心とします。
授業計画
1.
地域経済における論点①:地域概念、地域を捉える指標
2.
地域経済における論点②:地域経済と国民経済
3.
地域経済における論点③:地域の経済成長のモデル-1
4.
地域経済における論点④:地域の経済成長のモデル-2
5.
地域経済における論点⑤:地域の経済成長のモデル-3
6.
地域経済における論点⑥:地域間格差
7.
地域経済における論点⑦:産業の立地に関わる理論-1
8.
地域経済における論点⑧:産業の立地に関わる理論-2
9.
世界都市(ケース:東京)/大都市に隣接する工業地帯(ケース:京浜臨海工業地帯)
10.
企業城下町(ケース:西三河地域)
11.
地方都市における外発・内発的発展
12.
内発的発展の地方都市(ケース:金沢)
13.
観光リゾート地における外発・内発的発展(ケース:湯布院)
14.
中山間地域における過疎化の問題と対応策
15.
中山間地域における外発・内発的発展(ケース:岡山県新庄村)
成績評価の方法・基準
 期末テスト(100%)、任意提出課題による加点(上限20%)
指定教科書、参考文献など
 教科書(第9回以降):中村 剛治郎 (著, 編), 『基本ケースで学ぶ地域経済学 』(有斐閣ブックス),有斐閣,2008 / 参考文献(特に第1〜8回):宮本 憲一ほか編,『地域経済学』(有斐閣ブックス),1990、山田 浩之 (著, 編集),『地域経済学入門 新版』 (有斐閣コンパクト),有斐閣,2008
履修上の留意点
 配布資料はすべてUniprove/CSにアップします(リンクを含む)ので、各自ダウンロードしてください(一部、アップしないものについてのみ翌週までの間、再配布します)。
事前準備学習・その他
 復習に重点をおいた自宅学習を行ってください。ニュースや自治体HPなどで、テーマに関連した地域の事例に数多くあたってください。任意提出課題も提示しますので、各自の関心の方向と大きさに応じてチャレンジしてください。