HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
財政論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(ふかえ けいじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
深江 敬志
授業の目標 - 到達目標-
 わが国の財政システムを理解し,財政問題への対処策に対して一定の評価を与えられる事を目標とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本講義では,今日における財政問題を理解するうえで前提となる財政システムの基礎的な枠組み・制度・理論を学びます。したがって,本講義を受講することにより,財政が直面する課題に対し,各人が問題意識を抱き,それらの政策に対し一定の評価を与えられるようになる事を望みます。
授業の内容・講義手法の概要
 後期の前半では,地方分権というテーマを題材に,わが国における中央政府と地方政府の政府間関係について考察します。その中で,財政に関する制度および理論についての基礎を学習します。とりわけ,理論については,数値例を用いながら受講者の皆さんに演習を実施して頂く事でその理解を深めてもらいます。
 後半では,税制とりわけ我々の日常生活に密接した所得税および消費税の制度および理論を中心に考察します。税制の基礎および税額の計算の演習を実施し,受講者の皆さんの納税者としての意識を高めてもらいます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
イントロダクション
2.
地方分権(概要)
3.
地方分権(機関委任事務)
4.
地方分権(権限移譲)
5.
地方分権(三位一体の改革)
6.
政府の役割
7.
市場の失敗(公共財)
8.
市場の失敗(外部性)
9.
租税原則
10.
租税の基礎理論
11.
所得税(1)
12.
所得税(2)
13.
消費税(1)
14.
消費税(2)
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 小テスト(30%) および期末試験(70%) に加えて授業参加度も加味し,総合的に評価します.
指定教科書、参考文献など
 教科書は,特に指定しません.
 必要に応じて参考資料を配布する場合があります.
履修上の留意点
 講義において,ミクロ経済学およびマクロ経済学に関連する論点を取り上げますが,それらの初学者でも特に問題ありません.
事前準備学習・その他
 板書内容を毎回復習して下さい.
 特に計算問題については各自が理解し,正解を導けるよう努力して下さい.