HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
都市経済論(読替:都市経営論) 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かしわぎ たかゆき) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
柏木 孝之
授業の目標 - 到達目標-
 都市経済学では、住宅や産業立地が市場メカニズムの働きによって都市の土地利用にも、ある規則性が生まれることを示されます。都市経営学では市場メカニズムによって決められた住宅や産業立地により、都市経営の源泉になる個人市民税や住民市民税の主要な歳入が決まります
 このような都市の成り立ちの中に、市場メカニズムの働きや土地利用に規則性が生まれること、都市経営の基盤となる歳入が生まれることなどの要因の関係を実体的に把握し、都市経済・都市経営のダイナミズムについて学ぶことを目的とします
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 サービス経営は都市において成立するのが通常です。このため、都市経済を学ぶことは極めて重要です。わが国の都市では、地方だけでなく、首都圏でも人口減少が始まり、財政基盤の脆弱化が進んでいます。都市経済の悪循環、都市経営の破たんなどを多く輩出する可能性が高いと考えられます。これらの実態を把握するために、都市化はどのように進んできたか、現存する都市問題と都市政策、都市経営の動向を把握するとともに都市経済の好循環の事例や活かし方なども学びます
授業の内容・講義手法の概要
 本講義では、都市経済論、都市経営論、地域経済論の領域の違いについて各種研究や文献をもとに整理したものをベースに「空間経済学入門ノート」を作成し、それをもとに講義を進める
授業の方法
 講義
授業計画
1.
都市経済と都市経営、地域経済の違い
2.
都市化の動向
3.
都市の特徴、都市はなぜ存在するのか
4.
都市問題と都市政策-1
5.
都市問題と都市政策-2
6.
都市経営とは-1
7.
都市経営とは-2
8.
都市の健全経営-1
9.
都市の健全経営-2
10.
中間試験
11.
最適都市規模
12.
都市規模モデル
13.
都市交通
14.
都市環境
15.
都市経済・都市経営の今日的な課題
成績評価の方法・基準
 コメント票の内容(30%)、中間試験(20%)、期末試験(50%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
参考文献:牛島正「現代の都市経営」有斐閣1999、西村幸夫「都市システムと経営」都市の再生を考える6 巻 岩波講座、金本良嗣「都市経済学」東洋経済新報社1997
履修上の留意点
 特になし
事前準備学習・その他
 都市情報は日々更新されます。授業の前後、それらの動向を観察しておいてください