HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
健康・福祉サービス概論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しのもと こうじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
篠本 耕二
授業の目標 - 到達目標-
 わが国が直面する少子高齢化とそれに伴う人口減少という社会変動に対応するため、必要と考えられる社会サービスを理解し、考えられる基礎知識の習得を目指します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 福祉国家から福祉社会への移行に伴う、健康福祉サービスのあり方に関するパラダイム転換をしっかり学ぶ機会とします。
授業の内容・講義手法の概要
 世界で人口の高齢化が最も早く進行しているわが国では、健康=疾病・介護予防とされ、福祉施策の予防策とも関連づけられています。福祉施策の視点から、わが国における健康・福祉サービスに関するあらゆる社会制度に関して、財政・マンパワー、利用者の視点など多角的な視点から検討を加えていきます。
授業の方法
 主に講義形式ですが、事例検討を中心としたグループ討議・演習も行います。
授業計画
1.
ガイダンス、今後のスケジュール、評価方法の説明
2.
現代社会における福祉
3.
経済活動と福祉
4.
人口構造の変化と福祉:少子高齢化の現状
5.
福祉国家から福祉社会という流れ
6.
健康サービス
7.
福祉サービス
8.
相談支援の機能
9.
社会福祉基礎構造改革後の健康福祉サービスの変化
10.
高齢者福祉の制度
11.
障害者福祉の制度
12.
児童家庭福祉の制度
13.
生活困窮者支援の制度
14.
グループワーク:現代社会における福祉の役割
15.
健康・福祉のまとめ:小テスト
成績評価の方法・基準
 授業態度50%(平常点20%・発言10%・課題20%の提出)と筆記試験50%により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 授業の内容に応じた資料を用意します。
履修上の留意点
 健康及び福祉を理解する基礎的講座です。
事前準備学習・その他
事前学習:福祉と保健の連携の様子を地元の自治体(市町村のホームページで検索してください。
事後学習:講義で得た知識と実際の市町村ごとの実施状況との差異について、報告をしてください。