HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
介護技術・援助論 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しのもと こうじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
篠本 耕二
授業の目標 - 到達目標-
 基本的な介護技術の原則や考え方を学びます。利用者の視点や立場に立った介護ができるようになることを目指します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 介護技術に習熟することは、要介護者の人間理解を深めることと密接にかかわります。社会福祉学を中心に、関連する領域である社会学や心理学の知見を援用しながら介護に関する理論と技術を学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 講義と演習、実技を組み合わせた内容となります。自身の頭と身体で理解することを目指します。
授業の方法
主に講義形式ですが、演習と実技を織り交ぜた内容となります。
授業計画
1.
ガイダンス これから学ぶことの概要説明
2.
介護の基礎的理解 〜相談支援と介護・養護〜
3.
利用者の立場に立った介護 〜利用者の視点〜
4.
障害の理解
5.
感覚と介助
6.
視覚と介助
7.
聴覚と介助
8.
触角と介助
9.
重さと介助
10.
バリアフリーとユニバーサルデザイン
11.
障害の理解 再考・演習
12.
移乗の介助
13.
障害児の介助
14.
発達障害者への介助
15.
まとめ 評価テスト
成績評価の方法・基準
 授業態度50%(平常点20%・発言10%・課題20%の提出)と筆記試験50%で評価します。
指定教科書、参考文献など
 授業の内容に応じた資料を用意します。
参考文献:『介護職員初任者研修テキスト2016年版』, 介護労働安定センター発行
履修上の留意点
 演習や実技を行うので、動きやすい服装で受講してください。
事前準備学習・その他
事後学習:授業で学んだ内容について振り返るとともに、関連した知識、興味事項などを書籍やインターネットで調べてみてください。また事後課題を課した場合は指示通り行ってください。