HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
ソーシャル・マーケティング 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(たかせ ひろし) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
高瀬 浩
授業の目標 - 到達目標-
 本授業の目標は、環境や貧困など社会に存在するさまざまな問題を解決する手法の一つとしてソーシャル・マーケティングの基本的な枠組みやその考え方を理解することが目標です。社会の中で起きているさまざまな問題は本来行政が解決すべきだと考えられがちですが、単に行政に頼るだけでは一向に問題は解決できません。社会には解決すべき問題も多く、人も予算も限られているからです。そこで、企業や非営利組織も含めた組織や個人等によって視点を変え、新たなアイデアを出し合いながらこれらの問題を解決する必要があります。そのアプローチ方法について、本授業を通して学んでいきます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は、3年次で履修する健康福祉マネジメント学科の専門基幹科目に位置付けられています。少子高齢化の問題、格差の問題、環境の問題など日本でも多岐に渡る問題が山積しています。こうした問題を行政だけではなく、個人や組織体の力で解決したり、サポートしていこうとする仕組み作りがソーシャル・マーケティングです。だからこそ、社会とのかかわりの中で持続的な成長を続けている企業においても、この分野を今や避けて通れません。ですので、将来、健康福祉マネジメント学科の学生はもとより、この分野に興味のある学生はぜひ履修してください。
授業の内容・講義手法の概要
 授業は、基本的には授業計画に沿って、講義と演習を交えてソーシャル・マーケティングを学んでいきます。講義では、集中して授業が聞けるように講義で説明する要点をまとめたレジュメを配布し、演習では、それぞれの課題についてグループディスカッションを行い、グループ発表もしてもらいます。また、授業では、理解度を確認するために講義に関するコメント票を課します。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義・評価方法および科目の特徴、営利組織と非営利組織のマーケティング
2.
新しいマーケティングの考え方とは
3.
ソーシャル・マーケティング
4.
コーズ・リレイテッド・マーケティング①
5.
グループ発表①
6.
コーズ・リレイテッド・マーケティング②
7.
フェアトレード①
8.
フェアトレード②
9.
グループ発表②
10.
エシカル・ビジネス①
11.
エシカル・ビジネス②
12.
企業の社会的責任と社会貢献
13.
グループ発表③
14.
新しい公共の考え方
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 期末試験(70%)、グループ発表(30%)を基本に、コメント票と授業への参画度等も加味し、総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書: 野村尚克、中島佳織著 『ソーシャル・プロダクト・マーケティング』 産業能率出版部 2014年
参考文献: フィリップ・コトラー、ナンシー・リー 著, 塚本一郎訳 『コトラー ソーシャル・マーケティング』 丸善 2010年
履修上の留意点
 社会の中で起きているさまざまな問題がなぜ解決できないのか、自らが当事者の立場でその解決方法を考えてみてください。演習では、周りの意見も良く聞きながら積極的に発言することを求めます。
事前準備学習・その他
 事前に、社会の中で起こっているさまざまな問題を整理し、問題意識を持って授業に臨んでください。また、理解が深まるように教科書によるしっかりとした予習・復習も望みます。