HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
非営利組織会計 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(きのした たかひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
木下 貴博
授業の目標 - 到達目標-
 本講義では、企業会計の知識を基礎に、非営利組織会計の考え方を理解したうえで、その制度の特徴について理解を深めていきます。具体的には、次の4点を到達目標とします。
(1)企業会計における貸借対照表と損益計算書の作成に至るプロセス(簿記一巡)を理解する。
(2)非営利組織会計の特徴を「企業会計原則」との対比で理解する。
(3)非営利組織体の資金循環と利害関係者について、企業会計との対比で理解する。
(4)具体的な非営利組織会計の制度について理解する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 非営利組織には、政府・地方公共団体、学校法人、医療法人、社会福祉法人、特定非営利活動法人(NPO法人)など様々な組織体があり、近年これらの非営利組織における会計の重要性が高まっています。特に、政府・地方公共団体のための会計は「公会計」と呼ばれます。その対義語に当たる「私」企業の会計すなわち企業会計と非営利組織体における会計には共通点と相違点があります。そこで、本講義では、企業会計との対比を通じて、非営利組織会計の特徴を学習していきます。
授業の内容・講義手法の概要
 講義は、当日のテーマを概説し、演習問題で具体的課題箇所を実感してもらったうえで、再度その意義を解説するという手順で行います。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
簿記一巡①:仕訳帳、総勘定元帳の記帳
3.
簿記一巡②:試算表の作成
4.
簿記一巡③:貸借平均の原理、自己検証機能の理解
5.
簿記一巡④:決算手続き
6.
財務諸表と利害関係者(ステーク・ホルダー)
7.
企業会計原則と非営利組織会計①:全体像の概観
8.
企業会計原則と非営利組織会計②:資本取引と損益取引の区別
9.
非営利組織体の資金循環
10.
進度調整日
11.
非営利組織会計の制度①:社会福祉法人会計
12.
非営利組織会計の制度②:NPO法人会計
13.
非営利組織会計の制度③:政府・地方自治体の会計
14.
非営利組織会計の制度④:その他の組織体における会計
15.
非営利組織のディスクロージャー資料
成績評価の方法・基準
 本学の成績評価基準に従い、授業参加を前提として、定期試験の結果(70%)を基礎に、課題・レポート等の平常点(30%)を加味して評価します。
指定教科書、参考文献など
 授業中に適宜紹介します。
履修上の留意点
 各回の学習内容を関連付けることを意識して、授業に臨んでください。
事前準備学習・その他
 授業中に指示する事前準備や事後学習によって理解が深まります。また、新聞報道などで社会の動きに触れ、様々な企業・組織に関するニュースに敏感でいることが重要です。