HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉原論Ⅰ 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(まるやま さとこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
圓山 里子
授業の目標 - 到達目標-
 福祉といえば、「困っている人を助けてあげること」という漠然としたイメージをもっている人が多いでしょう。しかし、それでは、例えば、友だちや家族を助けることと何がどのように違うのでしょうか。また、対人援助の活動・仕事は他にも多くある中で、社会福祉の援助活動の特徴とはどのようなものでしょうか。そして、なぜ「社会」福祉なのでしょうか。
 社会福祉原論では、社会福祉の各論(貧困、児童、高齢者、障害者、保健医療等)を「ながめる」のではなく、各分野に通じる「視点」「枠組み」「理念」「原則」「概念」「歴史的展開」等を検討することで、社会福祉を「つかむ」ために必要な知識を学びます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会福祉は「制度・政策」と「援助論」を車の両輪としており、その二つをつなぎ方向づけるものが社会福祉の「理念」です。社会福祉原論Ⅰでは、社会福祉の「理念」とともに、主に「援助論」を学びます。社会福祉原論Ⅰのみの受講でも構いませんが、後期の社会福祉原論Ⅱをあわせて受講すると、社会福祉をより立体的に理解することができます(ただし、社会福祉士コースの学生は、社会福祉原論Ⅰ・Ⅱの2科目両方の履修によって「現代社会と福祉」の取得となります)。
 社会福祉士コースの皆さんは、国家試験の科目に関する基礎知識を身につけます。試験科目「現代社会と福祉」に該当しますが、社会福祉原論Ⅰでは、「相談援助の基盤と専門職」「相談援助の理論と方法」とも共通する相談援助(ソーシャルワーク)の基礎的な知識も学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 講義は、指定教科書を中心に行います。指定教科書を毎回、持参してください。
 基本的に毎回、確認テストを実施することで、着実な知識の習得を目指します。確認テストは、講義開始後10分間で行い、前回の講義内容が範囲です。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義の進め方と科目の位置づけの確認
2.
社会福祉の援助活動の特徴
3.
社会福祉援助の視点
4.
個別援助の実践モデル①
5.
個別援助の実践モデル②
6.
個別援助の実践モデル③
7.
個別援助の展開過程
8.
前半試験と中間まとめ
9.
ニーズと資源
10.
集団援助の特徴と展開過程
11.
セルフヘルプ・グループ
12.
社会福祉の原理・理念・哲学①
13.
社会福祉の原理・理念・哲学②
14.
社会福祉の原理・理念・哲学③
15.
後半試験とまとめ
成績評価の方法・基準
 確認テスト等の通常の授業参加状況(15%)、前半試験(15%)、後半試験(15%)、定期試験(55%)。により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書:稲沢公一・岩崎晋也, 『社会福祉をつかむ [改訂版]』,有斐閣,2014年.※社会福祉原論Ⅱと共通です。
参考文献等:授業で提示します。
履修上の留意点
 確認テストは、講義開始時に実施します。余裕をもって講義に臨んでください。
事前準備学習・その他
 授業中は各自でノートをとり(配布資料への書き込みでも可)、次の回の授業開始前に各自が整理した配布資料やノートで前回のポイントを確認しましょう。受講後は、指定教科書の該当部分を再読し、理解や考察を深めましょう。この繰り返しが、皆さんの力になります。