HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉援助技術論Ⅱ 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(まるやま さとこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
圓山 里子
授業の目標 - 到達目標-
 社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)は価値、知識、技術を総合した専門的実践とされています。社会福祉援助技術論は、ソーシャルワークの技術(方法)の基礎となる知識(理論)を学ぶ科目です。
 社会福祉援助技術論Ⅱでは、相談援助の過程(プロセス)や面接技術の基礎知識を学びます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 この科目は、健康福祉マネジメント学科社会福祉士コース生の限定科目です。
 社会福祉援助技術Ⅰ〜Ⅳ全ての履修によって、社会福祉士受験資格指定科目「相談援助の理論と方法」に該当します。
 Ⅱでは、主に個別・対面的な援助場面を想定した、専門的な相談援助の基礎を学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 基本的に毎回、確認テストを実施することで、着実な知識の習得を目指します。
確認テストは、講義開始後10分間で行い、前回の講義内容が範囲です。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義の進め方と科目の位置づけの確認
2.
相談援助の援助過程①
3.
相談援助の過程②:基本姿勢とインテーク
4.
相談援助の過程③:アセスメント
5.
相談援助の過程④:プランニング
6.
相談援助の過程⑤:モニタリングと評価
7.
相談援助の過程⑥:終結と効果測定
8.
前半試験とまとめ
9.
アセスメントツール
10.
相談援助における援助関係①
11.
相談援助における援助関係②
12.
相談援助における援助関係③
13.
面接技術①
14.
面接技術②
15.
後半試験とまとめ
成績評価の方法・基準
 受講態度・確認テスト(30%)、前半試験(35%)、後半試験(35%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書: 川延宗之・藏野ともみ編著, 『相談援助の理論と方法Ⅰ』,久美,2011年.
参考文献:授業で提示します
履修上の留意点
 補助教材として配布資料が多くありますので、フラットファイル等を用意することを推奨します。
事前準備学習・その他
 授業中は各自でノートをとり(配布資料への書き込みでも可)、次の回の授業開始前に各自が整理した配布資料やノートで前回のポイントを確認しましょう。
受講後は、指定教科書や補助教材の該当部分を再読し、理解や考察を深めましょう。この繰り返しが、皆さんの力になります。