HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
老人福祉論Ⅰ 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かげやま ゆうこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
影山 優子
授業の目標 - 到達目標-
 この科目では、高齢者の生活実態とこれを取り巻く社会情勢、福祉・介護需要等の諸問題及び基本的事項について理解することを目標とします。
 到達目標は、授業を通して社会福祉士国家試験に対応できる程度の知識を獲得することです。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 高齢者の身体的、心理的特性、高齢者介護の基本的知識技術、現代の高齢者を取り巻く様々な現状や諸問題、政策等を学びます。
 高齢者領域に関心があるひとはもちろん、社会福祉士国家試験を受験する人は必修科目になりますので、後期の「老人福祉論Ⅱ」と併せて必ず受講してください。
授業の内容・講義手法の概要
 授業はパワーポイントを用いた講義形式で行います。このほか、授業内でのグループワーク、実技演習を行います。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
高齢者を取り巻く社会環境①
3.
高齢者を取り巻く社会環境②
4.
高齢者を取り巻く社会環境③
5.
認知症の基礎理解①
6.
認知症の基礎理解②
7.
認知症の基礎理解③
8.
中間まとめ
9.
高齢者介護をめぐる現状①
10.
高齢者介護をめぐる現状②
11.
介護過程
12.
高齢者福祉の歴史
13.
老人福祉法①
14.
老人福祉法②
15.
全体のまとめ
成績評価の方法・基準
 平常点(20%)、毎回の小テストあるいは提出課題(30%)、中間試験、期末試験(50%)で評価します。
指定教科書、参考文献など
 高齢者に対する支援と介護保険制度 ミネルヴァ書房
履修上の留意点
 高齢者に関する時事のニュース等に関心を持って臨んでください。
事前準備学習・その他
 事前準備としては、前回行った学習内容に該当する箇所について教科書を読んでください。事後学習としては、新しく出てきたキーワードを書き出し、用語集を作成してください。