HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
地域福祉論Ⅰ 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
白井 絵里子
授業の目標 - 到達目標-
①地域福祉の歴史を理解する。
②地域福祉の主体と対象について理解する。
③地域福祉に係る組織、団体及び専門職の役割と実際について理解する。
 ①〜③を通して地域福祉の基本となる視点を獲得することを目指します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 本科目は社会福祉士国家試験の受験資格の指定科目です。指定科目としての知識を得るだけでなく、各自が暮らすそれぞれの地域において一人の市民として「何が求められているのか」そして「何ができるのか」を理解するための知識や方法を学ぶことができる科目です。他の専門科目での学びと連動させていくことにより、本科目での学びをより深めることができます。
授業の内容・講義手法の概要
 今日の社会に山積する多様な生活課題に対応していくため、身近な地域を基盤とした支え合いのしくみづくりが喫緊の課題となっており、地域福祉に求められる役割が一段と大きくなっています。
 本講義では、地域福祉に関する知識を教科書を使用して習得していきます。次に、具体的な地域福祉の実践事例を取り上げ、それらの実践がどのような意味を持つのか、受講生同士によるディスカッション等を通して考察を深めていきます。このような学習プロセスにより、地域福祉を推進していくために必要とされる実践的な能力を養っていきます。
授業の方法
 主に講義形式ですが、適時、演習や受講生同士のディスカッションも取り入れていきます。
授業計画
1.
オリエンテーション(講義の概要、学習目標の説明、授業の進め方についての説明)
2.
地域福祉の意味―現代社会における人々の生活課題、人々の生活と住居環境、地域社会
3.
地域福祉の基本的な視点①―地域福祉の理論
4.
地域福祉の基本的な視点②―地域福祉の理念、住民参加の意義と必要性
5.
日本における地域福祉の発達過程①―日本における地域福祉の源泉及び発達過程
6.
日本における地域福祉の発達過程②―近年の地域福祉の動向
7.
地域福祉の主体と対象①―地域福祉の主体と対象
8.
地域福祉の主体と対象②―社会福祉法における地域福祉の主体と対象
9.
地域福祉における行政の役割と公民協働①―行政を取り巻く社会的背景 
10.
地域福祉における行政の役割と公民協働②―公民協働による「新しい公共」の構築
11.
社会福祉協議会の組織と役割①―社会福祉協議会の位置づけと組織
12.
社会福祉協議会の組織と役割②―社会福祉協議会の機能と事業
13.
地域福祉における民間組織・住民の役割①―NPO・ボランティアと福祉活動
14.
地域福祉における民間組織・住民の役割②―地域住民と福祉活動、コミュニティビジネス、CSR
15.
まとめ、小テスト
成績評価の方法・基準
 コメント票の内容(30%)、課題・レポート(30%)、小テスト(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書: 坪井真・木下聖編『新・社会福祉士養成課程対応 地域福祉の理論と方法 第2版』(株)みらい、2014。
      その他、必要に応じて資料を配布します。
参考文献等:必要に応じて授業内で紹介します。
履修上の留意点
 適宜行う演習や受講生同士のディスカッションに積極的に取り組んでください。
 社会福祉士を目指す方は、後期の「地域福祉論Ⅱ」も必ず受講してください。
事前準備学習・その他
事前準備:授業理解が深まるよう前回の授業での学習内容を確認しておいてください。
事後学習:教科書の該当部分を再読し、配布資料等で授業のポイントを確認しておいてください。