HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
障害者福祉論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(まるやま さとこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
圓山 里子
授業の目標 - 到達目標-
 「障害」を通して社会のあり方を再考しましょう。また、「障害」に関して、どのような援助や施策が展開されてきたかを学ぶことで、障害があってもなくても暮らしやすい地域社会づくりに、今後、各自が寄与できることは何かを考えましょう。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会福祉士コースの皆さんは、国家試験の科目に関する基礎知識を身につけます。
 社会福祉分野に従事しないとしても、障害のある人は、皆さんと同様に、私たちの地域社会の大事な構成員ですから、接する機会があるでしょう。社会の構成員としての権利を実現する際に、「障害」があるために支援が必要になる場合があります。この科目では、関連する法制度を含め、障害者に対する援助について学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 「障害」の定義について、障害者福祉の思想・理念(自立生活や障害者権利条約等)、障害分野のソーシャルワーク、障害者福祉の歴史的展開、障害者基本法や障害者総合支援法等の法施策、といった内容を学びます。
授業の方法
 講義
 講義期間の前半で、当事者理解を深めるために、障害当事者をゲストに招いてお話しを伺います。
 また、確認テストを実施することで、着実な知識の習得を目指します。
授業計画
1.
イントロダクション(講義のねらい・進め方・評価方法)
2.
「障害者」とは誰のことか:「障害」の定義をめぐって
3.
障害者福祉の思想・理念
4.
当事者理解(ゲスト講師)
5.
様々な機能障害の理解と生活支援の留意点
6.
障害者福祉の援助方法①
7.
障害者福祉の援助方法②
8.
障害者福祉の担い手
9.
障害者福祉の歴史的展開①
10.
障害者福祉の歴史的展開②
11.
障害者の生活を支える施策①
12.
障害者の生活を支える施策②
13.
障害者の生活を支える施策③
14.
障害者の生活を支える施策④
15.
事例から考える障害者福祉の実際とまとめ
成績評価の方法・基準
 確認テスト(25%)、課題レポート(25%)、期末試験(50%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書: 竹端寛・山下幸子・尾ア剛志・圓山里子,『新・基礎からの社会福祉④ 障害者福祉 改訂版』, ミネルヴァ書房,2017年.
参考文献等:小澤温編,『よくわかる障害者福祉 第6版』, ミネルヴァ書房,2016年
         安積純子他,『生の技法〔第3版〕』, 生活書院, 2013年(初出1990).
         他、授業で提示します。
履修上の留意点
 確認テストは、講義開始時に実施します。
事前準備学習・その他
 授業中は各自でノートをとり(配布資料への書き込みでも可)、次の回の授業開始前に各自が整理した配布資料やノートで前回のポイントを確認しましょう。受講後は、指定教科書の該当部分を再読し、理解や考察を深めましょう。この繰り返しが、皆さんの力になります。