HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
児童福祉論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(おおば しん) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
大場 伸
授業の目標 - 到達目標-
 現代社会における児童家庭福祉に関連する社会問題、少子化、ひとり親家庭、待機児童、子どもの貧困、児童虐待、社会的養護、等についての知識、問題意識を深め、社会的課題について考え、児童福祉制度、児童福祉法及び関連法体系、実施体制、民間のソーシャル・イノベーション、等について理解する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会福祉士国家試験科目の一分野「児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度」に該当します。社会福祉士国家試験受験予定者は必修となります。現代社会のさまざまな歪みが一番顕著に表れやすい「子ども」「ひとり親」「家族」等に焦点をあてて、その問題が社会的・構造的問題であることを理解することを講師の実践経験に即して講義しますので、受験予定者ではない学生や他の学科の学生であっても、現代社会の理解やプレゼンテーションとファシリテーションという点において参考になります。
授業の内容・講義手法の概要
 児童福祉の歴史、先人たちの歩み、理念を知り、現代の児童家庭福祉の理念、法制度をしっかり把握して、実際の福祉実践と照合しながら、問題解決の方法、専門性、今後の方向性等に踏み込んで考えます。
授業の方法
 講義・演習・グループワーク・文献検索、等を適宜、組み合わせて、気づきと考える機会を提供します。
授業計画
1.
ガイダンス・児童家庭福祉に関する社会問題の現状
2.
児童福祉の歴史(成り立ち)①
3.
児童福祉の歴史(成り立ち)②
4.
児童福祉の理念
5.
児童福祉に関する法律と制度①
6.
児童福祉に関する法律と制度②
7.
子育て支援
8.
児童福祉と行政機関
9.
ひとり親家庭と支援
10.
児童相談と児童虐待①
11.
児童相談と児童虐待②
12.
社会的養護(施設養護と里親)①
13.
社会的養護(施設養護と里親)②
14.
児童福祉関連領域と新しい動向
15.
児童福祉の専門性とソーシャル・イノベーション
成績評価の方法・基準
 平常点(20%)リアクションペーパー(30%)課題・レポートまたは試験(50%)によりに評価します。
指定教科書、参考文献など
 新・社会福祉士養成講座15児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度(第6版)
 新・社会福祉士養成講座編集委員会中央法規出版(2016・02)¥2,376 ISBN:978-4-8058-5302-3
 講義の中で各分野において有益な参考文献、論文等を提示します。
履修上の留意点
 社会福祉士国家試験は念頭におきますが、講師の経験による臨床(現場)のリアリテイを提供しますので、対人サービスのあり方や専門性、等は国家試験受験予定者以外でも参考になり、受講可能です。
事前準備学習・その他
 初回講義までに①「児童福祉の歴史」②「児童虐待」③「社会的養護(施設養護と里親)」④「子どもの貧困」⑤「非行」⑥「不登校」⑦「ひきこもり」⑧「ひとり親家庭」⑨「待機児童」に関する書籍または論文を読み、著者(編者)題名、発行年、発行元、雑誌の場合は、巻・号・ページも記載して、A4版横書き1枚(800字)程度のレポートを用意してください。講義に合わせて順次提出してもらいます。