HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会保障論Ⅰ 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(たけたに まこと) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
武谷 信
授業の目標 - 到達目標-
 社会保障制度とは何か、それにはどのようなものが含まれるか、それは自身の生活とどのように関わっているのかについて考え、理解することを目指します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 わが国において今後、人口構造の「少子・高齢化」がますます進行することが予測されます。その中で年金や医療、介護・福祉などの社会保障制度に用いられるおカネもまた膨大な額に上っています。今や社会保障制度は誰もが生活を営む上で欠かせないものです。この科目は、我々の生活に社会保障制度がどう関わっているのか、それはどのようなしくみなのかを考え、理解するものです。
授業の内容・講義手法の概要
 前期の「社会保障論Ⅰ」では、社会保障制度とは何か、それにはどのようなものが含まれるのかということを具体的に理解します。学生もまた、日々の生活の中で社会保障制度と関わりを持っています。大切なのは「暗記」ではなく「理解」する姿勢です。特に社会福祉士を目指す学生には、「試験で燃え尽きない」知識と問題意識を養ってほしいと思います。
授業の方法
 板書による講義を行ないます。また、適宜資料を配付します。
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
ライフ・ステージと社会保障制度
3.
社会保障制度の定義と概念
4.
社会保険と民間保険
5.
年金保険(1)
6.
年金保険(2)
7.
年金保険(3)
8.
医療保険(1)
9.
医療保険(2)
10.
介護保険(1)
11.
介護保険(2)
12.
雇用保険
13.
労働者災害補償保険
14.
社会福祉と社会手当
15.
生活保護
成績評価の方法・基準
 平常点(25%)を評価の前提とし、このほか毎回配付するコメント票の内容(質問も可)(25%)、試験(50%)を加えて総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座⑫ 社会保障』中央法規。
履修上の留意点
 社会福祉士国家試験受験のための指定科目です。単位取得にあたっては真摯で積極的な姿勢と相当の努力が求められます。社会福祉士を目指す学生は必ず後期の「社会保障論Ⅱ」を併せて受講して下さい。
事前準備学習・その他
 「社会福祉原論Ⅰ・Ⅱ」、「公的扶助論」などを併せて受講すれば、さらに理解が深まるでしょう。また新聞やニュースにも常に目を配っておいて下さい。