HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
公的扶助論 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(いいじま ゆうこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
飯島 裕子
授業の目標 - 到達目標-
♢現代日本における貧困の状況について理解する。
♢生活保護制度の役割と課題について理解する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会福祉士コースの皆さんは、国家試験の科目に関する基礎知識を身につけます。
 社会福祉分野に進まない人でも、貧困について学び、公的扶助制度について理解することは、現代日本を生きていく上で欠かせません。
授業の内容・講義手法の概要
 現在、日本では子どもの6人に1人が貧困状態にあり、生活保護受給者の数は増加を続けています。
 貧困から脱するために不可欠な公的扶助制度の中心である生活保護について学んでいきます。
 生活保護制度について理解するにとどまらず、背景にある貧困の具体的状況について知り、現行制度の課題についてもみていきます。
授業の方法
 講義中心にですが、受講生どうしのディスカッションも適宜取り入れますので、積極的な姿勢で授業に臨んでください。
授業計画
1.
オリエンテーション
2.
貧困とは何か①貧困と社会的排除
3.
貧困とは何か②貧困の計測
4.
公的扶助とは何か(歴史、海外との比較等)
5.
生活保護制度とは何か①実態と動向
6.
生活保護制度とは何か②目的と基本原理
7.
生活保護制度とは何か③保護の種類
8.
生活保護制度とは何か④相談援助
9.
生活保護制度とは何か⑤被保護者の権利と義務
10.
低所得者対策①ホームレス
11.
低所得者対策②若者
12.
低所得者対策③女性と子ども
13.
公的扶助の課題と今後の可能性
14.
まとめ
15.
総まとめ、テスト
成績評価の方法・基準
 授業への取り組み(コメントペーパー)50%、定期試験50%
指定教科書、参考文献など
(指定教科書)
 生活保護制度研究会『保護のてびき(平成28年度版)』第一法規
(参考文献)
 『社会福祉学習双書』編集委員会編(2017)『公的扶助論−低所得者に対する支援と生活保護制度』全国社会福祉協議会
 湯浅誠(2008)『反貧困―「すべり台社会」からの脱出』岩波新書
 飯島裕子、ビッグイシュー基金(2011)『ルポ若者ホームレス』ちくま新書
 飯島裕子(2016)『ルポ貧困女子』岩波新書
履修上の留意点
 社会福祉士国家試験の受験資格取得の指定科目です。
事前準備学習・その他
 配布資料の復習を心がけて下さい。