HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
福祉行財政と福祉計画 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(たけたに まこと) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
武谷 信
授業の目標 - 到達目標-
 自身と福祉サービス、社会と福祉サービス、そして自身と社会の関係について理解し、考える力を身につけることを目的とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会福祉サービスにはさまざまなものがあります。それらは社会に生きる者一人ひとりが、決して無関係ではいられないものです。そのサービスにはどのようなものがあり、その財源を誰がどのように負担しているかという事実に加えて、近年ではそうしたサービスを「当事者」自らが十分で質が良く利用しやすいものにしていこうとする動きが強まっていることを視野に入れる必要があります。これらの理解を通じて、社会のあるべき姿を考えます。
授業の内容・講義手法の概要
 政府(国、地方自治体)が行なうサービスの一つが「福祉行政」です。そのサービスを利用するのに必要な費用の負担におけるおカネ(主に公費)の動きが「福祉財政」です。そのサービスの利用者、当事者である住民自らが行政に加わって、十分で質の良いものに変えていこうという動きに伴い「福祉計画」を策定することが近年において必要とされるなど「福祉」のあり方が変わりつつあります。最新の情報をもとに、福祉サービスという視点から社会を眺めます。
授業の方法
 板書による講義を行ないます。また、適宜資料を配付します。
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
「行政」と「財政」
3.
現代における福祉サービス
4.
中央政府と地方政府の政府間関係
5.
地方分権化と福祉
6.
福祉財政
7.
社会福祉政策の変遷
8.
社会福祉の制度
9.
社会福祉の実施体制
10.
福祉計画の目的と意義
11.
福祉計画の主体と方法
12.
高齢者福祉に関する福祉計画
13.
障害者福祉に関する福祉計画
14.
次世代育成支援に関する福祉計画
15.
地域福祉に関する福祉計画
成績評価の方法・基準
 平常点(25%)を評価の前提とし、このほか毎回配付するコメント票の内容(質問も可)(25%)、試験(50%)を加えて総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 社会福祉士養成講座編集委員会編『新・社会福祉士養成講座⑩ 福祉行財政と福祉計画』中央法規。
履修上の留意点
 社会福祉士国家試験受験のための指定科目です。単位取得にあたっては真摯で積極的な姿勢と相当の努力が求められます。
事前準備学習・その他
 ほかの「福祉」関連の科目を併せて受講すれば、さらに理解が深まるでしょう。