HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
保健医療サービス 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(まつしま まさひろ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
松島 眞浩
授業の目標 - 到達目標-
 社会福社分野で活動するために必要な保健医療分野のさまざまな制度やサービスについて学習します。社会福祉士等の国家試験の必修科目であり、国家試験の受験レベルの学習をすることが必要です。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会福祉分野で相談援助活動等の業務を行うときには、保健医療分野の制度やサービスは深い関わりがあり、基本的な仕組みや背景となる考え方を知っていることが必要です。具体的には保健医療制度、医療保険と診療報酬の制度、医療施設や医療専門職等について学習します。
授業の内容・講義手法の概要
 以下のような内容についてテキストを用いて説明するとともに、最近の制度の動向や問題となった事件などについても統計データや事例等により説明します。
・保健医療サービスの概要(医療保険制度、医療施設、診療報酬制度等)
・保健医療サービスにおける専門職
・保健医療サービス専門職や地域の社会資源との連携した取り組み
授業の方法
 講義、演習
授業計画
1.
導入〜講義、評価の方法および科目の特徴
2.
保健医療サービスの概要
3.
相談援助活動と保健医療サービス
4.
医療施設の種類と機能
5.
介護施設と在宅支援システム
6.
医療ソーシャルワーク活動と保健医療サービス
7.
保健医療サービスの専門職
8.
保健医療の専門職と相談援助活動
9.
医療保険と診療報酬の制度
10.
介護保険制度と保健医療サービス
11.
保健医療サービスの提供と連携
12.
地域のチームケアと保健医療サービス
13.
保健医療サービスネットワーク
14.
事例を通じて学ぶ保健医療サービスと社会福祉活動
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 平常点について評価(15-30%)するとともに。提出課題や小テストの評価(30-45%)を加味しながら、本試験(45-60%)を主に総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 新・社会福祉士養成講座17 保健医療サービス第5版(中央法規出版)2017年2月発行
履修上の留意点
 社会福祉士等の国家試験を受験する者は必ず履修してください。その他の学生が履修するにあたっては、保健医療や社会福祉に関連する基本的な事項を学習していることを前提とします。
事前準備学習・その他
 特段の事前・事後学習は要求しませんが、講義内容の理解を進めるために、定期的に小テストの実施や課題の提出などを実施しますので、そのためには必要な事前学習・事後学習をしてください。保健医療サービスは、社会制度や生活に関わる大きな問題であり、新聞やTVなどの報道や特集テーマとして常に取り上げられる話題となっています。日常的にこれらの報道などに関心を持って、情報を得ることが大切です。