HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
権利擁護と成年後見制度 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しのもと こうじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
篠本 耕二
授業の目標 - 到達目標-
 権利擁護の概念、社会福祉士(ソーシャルワーカー) として必要な法律知識及び成年後見制度、日常生活自立支援事業について理解します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 社会福祉法の成立・施行より、福祉サービスの利用の方法が「措置から契約」に移行しました。そして、意思能力の低位な利用者には、福祉サービス等の利用契約支援が必要になりました。それを契機に権利擁護システム(日常生活支援事業・成年後見) 制度が整備され、多くの社会福祉士がその業務を担っています。権利擁護の内容や身上監護におけるソーシャルワークの固有性について学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 ソーシャルワーカーに必要なコンプライアンス(法令遵守)、その法律に関する知識、人権をはじめとする権利の擁護に関する知識と実践について、理論的・実際的に学びます
授業の方法
 主に講義形式ですが、事例検討を中心としたグループ討議・演習も行います。
授業計画
1.
ガイダンス 講義、評価の方法および科目の特徴・相談援助活動における法律問題(消費者問題等)
2.
相談援助と法:日本国憲法の理解・基本的人権
3.
相談援助と法:民法の理解(人の能力・契約・親族・相続)
4.
相談援助と法:行政法の理解(行政処分・不服の申し立て)
5.
相談援助と法:社会福祉関連法(社会福祉法・虐待防止関連法・DV 防止法):小テスト
6.
成年後見制度:成年後見の概要・保佐の概要・補助の概要
7.
成年後見制度:任意後見成年後見制度の最近の動向
8.
日常生活自立支援事業の概要
9.
成年後見制度利用支援事業の概要:小テスト
10.
権利擁護に係わる組織と団体:弁護士の役割・司法書士の役割・社会福祉士の活動の実際
11.
権利擁護に係わる組織と団体:家庭裁判所の役割・法務局の役割・市町村等の役割
12.
権利擁護活動の実際:諸団体の役割(弁護士会・リーガルサポート・ぱあとなあ等)
13.
権利擁護とソーシャルワーク活動:権利擁護理念とソーシャルワーク理論との関係性
14.
権利擁護活動の実際:高齢者・障害者への支援の実際
15.
権利擁護システム・制度における課題・総括
成績評価の方法・基準
 授業態度50%(平常点20%・発言10%・課題20%の提出)と筆記試験50%で評価します。
指定教科書、参考文献など
 福祉臨床シリーズ編集委員会編 社会福祉士シリーズ19『権利擁護と成年後見制度第3版』2015年、弘文堂
履修上の留意点
 法学関連(法学概論・民法)の授業を履修してください。また他の社会福祉士養成関連の専門科目も必ず受講してください。
事前準備学習・その他
事前準備:社会福祉士養成に関する他の専門科目も必ず受講し、専門用語の確認を行ってください。
事後学習:人権概念、社会福祉の共通の専門用語についてのノート作成を行ってください。