HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
更生保護制度 3 前期 1
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しのもと こうじ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
篠本 耕二
授業の目標 - 到達目標-
 犯罪・非行の予防と犯罪・非行を犯してしまった人の立ち直りの支援、その実態と実践の方法について学びます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 司法福祉、更生保護制度の概要、保護観察官と社会復帰調整官の活動や実践を理解、更生保護と地域福祉の関連について学びます。
授業の内容・講義手法の概要
 教科書や事例集を用いて、犯罪・非行を犯した人の立ち直り支援、更生を支援する社会福祉の専門機関や専門職の働き、その実践方法を基礎から学んでいきます。
授業の方法
 主に講義形式ですが、事例検討を中心としたグループ討議・演習も行います。
授業計画
1.
ガイダンス 授業の進め方・講義、評価の方法および科目の特徴
2.
刑事司法:非行・犯罪臨床、更生保護の歴史、仮釈放
3.
保護観察と更生緊急保護:目的・方法・対象者の種類と特徴、恩赦
4.
更生保護の担い手:保護観察官・保護し・更生保護施設・民間協力者
5.
関係機関・団体との連携:裁判所・検察庁・矯正施設・福祉事務所との関係
6.
医療観察制度の概要:医療観察法、生活環境の調査と調整、地域社会における処遇
7.
更生保護の実際と展望:保護観察官・社会福祉調整官の業務の実際
8.
まとめ:事例検討・小テスト
成績評価の方法・基準
 授業態度50%(平常点20%・発言10%・課題20%の提出)と筆記試験50%で評価します。
指定教科書、参考文献など
 福祉臨床シリーズ編集委員会編 社会福祉士シリーズ20『更生保護制度と方法第2版』2013年、弘文堂
履修上の留意点
 法学関連(法学概論)の授業を履修してください。また他の社会福祉士養成関連の専門科目も必ず受講してください。
事前準備学習・その他
事前準備:高齢者や障害者受刑者、医療観察者の社会復帰など、司法分野との協働が増えています。高齢者や障害者が起こした事件についてのマスコミ報道を確認しておいてください。
事後学習:更生保護や人権概念、共通の専門用語についてのノート作成を行ってください。