HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉援助技術論Ⅳ 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
白井 絵里子
授業の目標 - 到達目標-
 社会福祉援助技術(ソーシャルワーク)は価値、知識、技術を総合した専門的実践とされています。社会福祉援助技術論は、ソーシャルワークの技術(方法)の基礎となる知識(理論)を学ぶ科目です。
 社会福祉援助技術論Ⅳでは、科目全体のまとめをします。
 現場実習で得た課題や国家試験の問題にも取り組みながら、あいまいな知識を明確にし、より確実な知識としていきます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 この科目は、健康福祉マネジメント学科社会福祉士コース生の限定科目です。
 社会福祉援助技術Ⅰ〜Ⅳ全ての履修によって、社会福祉士受験資格指定科目「相談援助の理論と方法」に該当します。Ⅳでは、「相談援助の理論と方法」の総復習をします。
授業の内容・講義手法の概要
 事例の中から社会福祉援助技術に求められる知識を抽出し、他者に説明できるよう理解を深めます。書籍等に紹介されている事例の他、自身が実習で経験した事例や、国家試験に出題された事例問題も検討素材とします。
授業の方法
 講義、演習
授業計画
1.
講義の進め方と科目の位置づけの確認
2.
相談援助に関する用語の確認①
3.
相談援助に関する用語の確認②
4.
相談援助に関する用語の確認③
5.
第2回〜第4回のまとめ、確認
6.
事例検討の視点
7.
事例分析の活用例
8.
相談援助の実際 (事例、模擬問題)
9.
相談援助の実際 (事例、模擬問題)
10.
相談援助の実際(事例、模擬問題)
11.
相談援助の実際(事例、模擬問題)
12.
相談援助の実際(事例、模擬問題)
13.
相談援助の実際(事例、模擬問題)
14.
相談援助の実際(事例、模擬問題)
15.
期末試験とまとめ
成績評価の方法・基準
 演習やディスカッションへの参加態度(30%)、課題・レポート(30%)、期末試験(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
【指定教科書】 川延宗之・坪井真編著,『相談援助の理論と方法Ⅱ』,久美, 2011年.
          ※社会福祉援助技術論Ⅲと共通です。
【参考文献】 必要に応じて授業内で紹介します。
履修上の留意点
 指定教科書を活用しつつ、徐々に国家試験を意識した学習に発展させていきます。適宜行う演習や受講生同士のディスカッションに積極的に取り組んでください。
事前準備学習・その他
事前準備:授業理解が深まるよう前回の授業での学習内容を確認しておいてください。
事後学習:教科書の該当部分を再読し、配布資料等で授業のポイントを確認しておいてください。