HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉援助技術演習Ⅱ 2 後期 4
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(そめの じゅんこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
染野 享子
授業の目標 - 到達目標-
 この科目では、社会福祉士に求められる相談援助にかかる知識と技術について実践的に習得するとともに、専門的援助技術として概念化し理論化して体系立てていくことができる能力を身につけることを目的とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 この科目は、健康福祉マネジメント学科社会福祉士コース生の限定科目です。
社会福祉士コース生以外は履修できません。
 社会福祉士に求められる相談援助にかかる知識と技術について実践的に習得するとともに、専門的援助技術として概念化し理論化して体系立てていくことができる能力を身につけることを目的とします。
授業の内容・講義手法の概要
 この演習は、2コマ連続で行います。
 個別指導並びに集団指導を通して、具体的な援助場面を想定した実技指導(ロールプレーイング等)を中心とする演習形態です。
授業の方法
 演習
授業計画
1.
講義、評価の方法および科目の特徴
2.
チームワークゲーム
3.
相談援助の技術について①
4.
相談援助の技術について②
5.
相談援助の専門性について①
6.
相談援助の専門性について②
7.
自分の対人関係の特徴を知る①
8.
自分の対人関係の特徴を知る②
9.
自分の感情体験を分析する①
10.
自分の感情体験を分析する②
11.
バイスティックの原則を理解する
12.
バイスティックの原則から事例を検討する
13.
基本的面接技法①
14.
基本的面接技法②
15.
対人援助の実際
16.
中間のまとめ(技術チェック)
17.
基本的面接技法を活かしたロールプレイ①
18.
基本的面接技法を活かしたロールプレイ②
19.
事例①検討(基本的応答技法を用いる)
20.
事例①アセスメント
21.
事例①のRP準備
22.
事例①のRPの実際
23.
事例②検討(インテーク面接)
24.
事例②のRPの実際
25.
事例③の検討(専門的援助技術の活用)
26.
事例③のアセスメント、RP
27.
事例④の検討(援助過程を理解する)
28.
事例④のアセスメント、RPの準備
29.
事例④のRPの実際
30.
全体のまとめ(技術チェック)
成績評価の方法・基準
 演習への積極的な参加と態度(40%)、課題シート、レポート(30%)、技術チェックテスト(30%)で評価します。
指定教科書、参考文献など
 特にありません、適宜必要な資料を配布します。
履修上の留意点
 この授業では様々なワークを行います。これらがうまくできることよりも、積極的な演習参加と、演習を通しての自己理解、他者理解が求められます。
事前準備学習・その他
 事前準備としては、その日に行う演習内容に関して自分の考えをまとめてきてもらいます。事後学習は、その日に行ったワークについての「ふりかえりシート」の記入と提出を事後課題とします。