HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉援助技術演習Ⅲ 3 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(まるやま さとこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。または、授業の初回時に連絡します。
圓山 里子
授業の目標 - 到達目標-
 この科目では、社会福祉士に求められる相談援助にかかる知識と技術について実践的に習得するとともに、専門的援助技術として概念化し理論化して体系立てていくことができる能力を身につけることを目的とします。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 この社会福祉援助技術演習は、健康福祉マネジメント学科社会福祉士コース生の限定科目です。社会福祉士コース生以外は履修できません。
 社会福祉援助技術演習Ⅲでは、相談援助の技術のなかでも、グループを活用した援助を中心に取組みます。
授業の内容・講義手法の概要
 個人作業並びにグループ作業を通して、具体的な援助場面を想定した実技指導(ロールプレーイング等)を中心とする演習形態です。
授業の方法
 演習
授業計画
1.
演習の進め方と科目の位置づけの確認
2.
グループワークの基本構想の設定
3.
グループ場面における話し方と傾聴の技法
4.
メンバー間のつなぎと相互作用の促進
5.
集団規範の形成
6.
プログラムの分析と立案
7.
グループワーク実践のための準備
8.
波長合わせ
9.
初回(初期)のセッション
10.
相互援助システムの形成
11.
相互援助システムの活用
12.
グループワークの終結と移行
13.
ボランティアコーディネーションの意義を学ぶ
14.
地域課題解決のためのプログラム案
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 演習への積極的な参加と態度(50%)、ふりかえりシート等(50%)で総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
指定教科書:特にありません、適宜必要な資料を配布します。
参考書: 岩間信之,『ワークブック社会福祉援助技術演習④グループワーク』, ミネルヴァ書房,2004年.
筒井のり子,『ワークブック社会福祉援助技術演習⑤コミュニティソーシャルワーク』, ミネルヴァ書房,2004年.
履修上の留意点
 この授業では様々なワークを行います。これらがうまくできることよりも、積極的な演習参加と、演習を通しての自己理解、他者理解が求められます。
事前準備学習・その他
 事前準備としては、その日に行う演習内容に関して自分の考えをまとめてきてもらいます。
 事後学習は、その日に行ったワークについての「ふりかえりシート」の記入と提出を事後課題とします。