HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉援助技術演習Ⅳ 3 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
白井 絵里子
授業の目標 - 到達目標-
 社会福祉相談援助の実際について理解します。社会福祉現場実習での体験を踏まえ、社会福祉士に求められる相談援助に係る知識と技術について実践的に習得します。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 この科目は、健康福祉マネジメント学科社会福祉士コース生の限定科目です。社会福祉士コース生以外は履修できません。
 社会福祉援助技術演習の最終段階の学びになります。相談援助に係る知識と技術についての個人的な体験を一般化し、実践的な知識と技術として習得することを目指します。
授業の内容・講義手法の概要
 特定のテキストは使用せず、演習形式で実施します。社会福祉現場実習での体験を踏まえ、実習現場で用いられている技術や専門用語をグループで共有します。
 個人で学んだ経験を事例検討形式で報告し、援助者としての視点からディスカッションを行います。これらの学習プロセスにより現場で求められるチーム力を養います。
授業の方法
 演習
授業計画
1.
ガイダンス 授業方法と他科目との関連について
2.
体験の可視化①
3.
体験の可視化②
4.
体験の可視化③
5.
事例検討を用いた検討の方法と実際
6.
事例検討①
7.
事例検討②
8.
事例検討③
9.
事例検討④
10.
事例検討⑤
11.
実習事例を通しての知識・技術の理解①
12.
実習事例を通しての知識・技術の理解②
13.
実習事例を通しての知識・技術の理解③
14.
社会資源の活用・調整・開発の技術
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 演習やディスカッションへの参加態度(40%)、事例検討の報告(60%)で評価します。
指定教科書、参考文献など
 特にありません。適宜必要な資料を配布します。
履修上の留意点
 グループディスカッションが中心となります。積極的な参加姿勢、発言を求めます。
事前準備学習・その他
 本科目は社会福祉援助技術演習の最終段階です。社会福祉援助技術演習Ⅰ〜Ⅲまでの内容を振り返り、整理しておいてください。