HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉援助技術現場実習 3 前・後期 4
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かげやま・しらい・まるやま) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
影山白井圓山
授業の目標 - 到達目標-
 社会福祉の現場において実習ソーシャルワーカー、社会福祉士に必要な相談援助の実践に関わる価値、知識、技術を身につけます。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 3年生前期の社会福祉援助技術実習指導②と連動しながら、社会福祉の現場実習で得た貴重な知見をただの体験談で終わらせるのではなく、ソーシャルワーカーとして身につけるべき知識・技術の再確認を行います。3年生後期の社会福祉援助技術実習指導③での報告書の作成により理解を深めていきます。
授業の内容・講義手法の概要
 実習協力機関、社会福祉の現場において、実習指導者からの指導を受けながら、実習協力機関の役割や指導者(社会福祉士)の役割を理解するとともに、巡回教員の指導と併せてソーシャルワーカー・社会福祉士として必要な価値、知識、技術の習得を目指します。
授業の方法
実習
授業計画
1.
オリエンテーション:実習協力機関の概要を学ぶ
2.
利用者の特性やそのニーズについての理解する
3.
ソーシャルワーカーが行う支援の実際を学ぶ
4.
利用者とのコミュニケーション技法を学ぶ
5.
用者の理解と需要について学ぶ
6.
ソーシャルワーカーの職業倫理を理解する
7.
機関間の連携の様子、実際を理解する
8.
市民、ボランティアとの協働について理解する
9.
苦情解決に関する実際を理解する
10.
事業内容、計画策定について理解する
11.
利用者の個別支援計画の作成について学ぶ
12.
利用者の家族が抱える課題についての理解する
13.
利用者との援助関係形成について理解する
14.
学生の実習報告・質疑応答、振り返り
15.
権利擁護について理解する
16.
エンパワーメントについて理解する
17.
ケアマネジメントについて理解する
18.
チームアプローチについて理解する
19.
環境との相互作用について理解する
20.
利用者の個別支援計画の作成を行う
21.
サービス担当者会議の実際を学ぶ
22.
モニタリング、評価に関して理解する
23.
個別支援計画の評価を受ける
24.
機関の経営、運営の管理について学ぶ
25.
機関の財政状況について学ぶ
26.
利用者支援記録の方法について理解する
27.
利用者支援の事例検討について理解する
28.
社会調査の実際について学ぶ
29.
利用者支援の今後の方向性について学ぶ
30.
実習についての総合評価・まとめを行う
成績評価の方法・基準
 全ての実習日に休みなく出勤することを前提に、実習中の積極性、実習日誌、実習先からの評価等による総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 特にありません、適宜必要な資料を配布します。
履修上の留意点
 社会福祉援助技術現場実習は前後期通年での履修が必要です。また、実習指導①②③と併せて単位認定されます。
事前準備学習・その他
 事前学習としては、配属された種別に関する専門科目の復習を行ってください。
 事後学習としては、現場でわからなかった専門用語や業務に関して、その日のうちに自分で調べノートにまとめてください。