HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
社会福祉援助技術現場実習指導① 2 後期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(しらい えりこ) 学生との連絡方法:
授業支援システム:ユニプルーブ(イッツクラス)を活用します。
白井 絵里子
授業の目標 - 到達目標-
 社会福祉士取得に必要な現場実習に行く準備としての知識や態度を学びます。
相談援助に必要な知識と技術について具体的かつ実際的に理解し、実習に対応できる力の習得を目指します。
(1)複数の実習分野と施設・事業者・機関・団体・地域社会等に関する基本的な理解を深める
(2)実習先で実際に行われる業務を理解する
(3)専門職としての倫理綱領を遵守する
(4)実習ノートの適切な内容の記述ができるようになる
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 この科目は、健康福祉マネジメント学科社会福祉士コース生の限定科目です。
 社会福祉士が働く施設・機関を訪問し、社会福祉士の職場理解、職種理解を行います。そして、実際の実習のイメージや、自分の社会福祉の関心領域と問題意識を明確にしていきます。
授業の内容・講義手法の概要
 実習の意義や目的を理解するため、個人指導や集団指導により授業を展開します。実習先となる施設・機関への見学実習とその準備、事後学習を中心に授業を行います。そのために必要な、見学先の情報収集、事前学習、見学後の記録の提出、お礼状の書き方について学びます。
授業の方法
 講義及び演習
授業計画
1.
オリエンテーション
2.
社会福祉士実習に関する基本的知識と理解
3.
見学実習①事前学習
4.
見学実習①
5.
見学実習①に関する報告、見学実習②事前学習
6.
見学実習②
7.
見学実習②に関する報告
8.
中間まとめ、見学実習③事前学習
9.
見学実習③
10.
見学実習③に関する報告、見学実習④事前学習
11.
見学実習④
12.
見学実習④に関する報告、見学実習に関する全体まとめ
13.
実習配属に関する個別面談
14.
実習配属に関する個別面談
15.
まとめ
成績評価の方法・基準
 3年前期「社会福祉援助技術現場実習指導②」、3年後期の「社会福祉援助技術現場実習指導③」を修了した段階で総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 必要に応じて随時資料を配布
履修上の留意点
 欠席は一切認めません。授業の性質上、遅刻、途中退席、私語、課題取り組みへの不参加など他の受講生の迷惑や他授業の進行を妨げるような行為については厳しく対応し、実習配属を中止します。
事前準備学習・その他
 施設見学の前には事前学習を行い、見学後は見学実習記録の提出が課題となります。