HOME > 学部・学科紹介 > 履修科目一覧 > 講義概要
学部・学科紹介

講義概要

科 目 名 開講年次 開講期 単位数
フィットネス論 2 前期 2
担 当 者 名(ふりがな) 科目区分 学科専門・選択必修
(かとう みつひこ) 学生との連絡方法:
授業の初回時に連絡します。
加藤 三彦
授業の目標 - 到達目標-
①トレーニングの基本理論を修得する。
②エアロビクス運動・筋力トレーニング・ストレッチング等の技法を修得する。
③応急手当・体力測定と評価の仕方についての知識を修得する。
科目の位置づけ - この専門分野の領域-
 日本は世界上位の長寿国ですが、生活習慣病の増加や低年齢化、社会の高齢化による国民医療費の増加などが社会問題となっています。よって、特に「フィットネス」による健康の回復・維持・増進は、個人にとっても社会にとっても重要なことです。
 ここでは、健康や体力の保持増進を目的として行う各種「トレーニング」に関する理解を深めるとともに、社会問題である体力低下の回復策について学び「身体的教養」を身に付けることがねらいです。
授業の内容・講義手法の概要
 はじめに、身体の機能(体力)について学びます。次に、体力の保持・増進のための各種トレーニングの進め方や種類について学んでいきます。
 各種トレーニングの内容を、視覚教材を使って説明する方法で行っていきます。
 場面によっては実際に体を動かし、デモンストレーション(模範)・発表していただきます。また、科学的エビデンス(根拠)に基づくエクササイズである、スクエアステップも行います。
 トレーニングの「リスクマネジメント」として、応急処置や体力測定の評価の仕方なども学んでいきます。
授業の方法
 講義
授業計画
1.
ガイダンス:(講義、評価の方法)
2.
体力とは
3.
トレーニングの進め方
4.
トレーニングの種類
5.
エアロビクス運動
6.
筋力トレーニング
7.
ストレッチング
8.
トレーニングプログラムの作成 ・レポート①
9.
コーディネーショントレーニング
10.
スクエアステップ①・進め方、基本ステップ
11.
スクエアステップ②・チャレンジステップ、まとめ
12.
トレーニングのリスクマネジメント①・応急手当
13.
トレーニングのリスクマネジメント②・心肺蘇生法、AEDの使い方
14.
トレーニングのリスクマネジメント③・体力の測定と評価
15.
総括:テスト、レポート②
成績評価の方法・基準
 平常点・コメント票の内容(40%)、課題・レポート(20%)、テスト(40%)により総合的に評価します。
指定教科書、参考文献など
 教科書はありません。授業用資料を適宜配布します。
 公認スポーツ指導者養成テキスト:編集発行)公益財団法人日本体育協会
 健康・フィットネスと生涯スポーツ:出版社)大修館書店  他
履修上の留意点
 本科目は、健康福祉マネジメント学科専門科目に位置づけられています。
事前準備学習・その他
事前準備:1年次に「日常生活と健康」「スポーツと健康」の履修者は、配布資料を再度見直して健康・運動についての復習をし、受講してください。
事後学習:修得した知識・技法を自らの体力の保持・増進に役立ててください。